ALUGO BLOG

英語を話す機会を増やす方法とその「正しい」使い方のご紹介

Pocket

英語を勉強していてハードルになるのが、英語を話す機会の増やし方です。文法や単語、フレーズの暗記やリスニングは独学でできるわけですが、話せるようになるためにはどうしても独学ではない方法に頼らざるを得ません。
そこで今回の記事では、ある程度英語の学習を進めてきた人を対象に、英語を話す=アウトプットする機会を増やす方法とその使い方についてご説明したいと思います。どれも一長一短がありますので、自分の状況やライフスタイル、英語学習に割ける時間的・金銭的リソースなどを勘案して選んでくださいね。

独り言を英語で言う

他人と英語で会話する前段階として、日常のさまざまな動作を英語にして独り言を言う方法があります。朝起きる、食事をする、メイクをする、電車に乗る、会議に出席する、プレゼンをする、・・・こうした動作を英語で表現することで、英語を口から発する機会を意識的に増やします。何かサービスを利用するわけではないので、無料でできるのが「英語独り言」のメリットです。
もちろん、自分の発した英語を正してくれる講師はいませんし、そもそもどのような英文にするのか分からなければ独り言にはできません。あくまで英語を口から発することに慣れることだけが目的であり、英会話の上達のためには別の方法が必要です。

英会話カフェを利用する

最も手軽に話す機会を手に入れるツールとして、英会話カフェがあります。カフェでお金を払うことで、ネイティブないしバイリンガルの日本人、あるいは他の参加者と英語で話す機会を提供してもらうというサービスです。場所によって値段は異なりますが、中にはワンコイン(500円)程度で参加できるところもあります。
また、スクールのように入会して月謝を払う必要がなく、その場で一回お金を払うだけなので気軽でもあります。オンライン英会話や英会話スクールに入ってやっていけるか不安な人、一回だけ英会話をお試ししてみたい人には、英会話カフェがおすすめです。
ただし、講師がいるわけではないので文法や発音の矯正はしてもらえませんし、人数が多いだけにあまり会話自体に参加できないという場合もあります。また、英会話カフェの数が少なく、東京や大阪などの大都市以外では利用が難しいでしょう。

オンライン英会話を利用する

英会話カフェよりもコストを投じて、定期的かつ気軽に英語を話す機会を増やしたいのであれば、オンライン英会話という手があります。
一回当たり数百円というコストで、一日25分なり50分なりのレッスンを受講できます。一応英語のスクールですので、文法や発音の誤りや癖を指摘してもらえます。
ただし、安い分講師の質がよくないこともあり、思うように伸びないということもよくある話です。また、スカイプなどの無料通話サービスを利用するため、回線の調子が悪いと音声が切れてしまったり、聞き取りづらかったりする可能性もあります。ある程度リスニング力がないと、そもそも回線越しに英語を聞くのは難しいでしょう。
あまりオンライン英会話サービスだけで英語学習の全てを済ませようとするのではなく、あくまで自己学習をメインとして、「話す機会を担保する手段として」オンライン英会話を補助的に利用するのがおすすめの使い方となります。

英会話スクールを利用する

英語初心者の人や、質の高い講師にフェイストゥーフェイスで丁寧に指導してもらいたい場合は、値段はかさみますが英会話スクールを利用するのがおすすめです。特に、フォーマルな場面でのフレーズを含めてビジネス英会話を学びたい場合は、メソッドの揃っているビジネス英会話専門の英会話スクールを利用するのがよいでしょう。必要なフレーズをきっちり教えてもらえますし、採用・研修がしっかりしていて講師の質も比較的高いです。
しかし、教室の賃料や講師の質の分レッスン量がかさむのは仕方のないところです。スクールによっても差がありますが、おおむね一回当たり数千円はかかると考えてください。短期で目標の英語力を身につける覚悟で集中的に努力しないと大損です。

初心者ならスクール、中・上級者ならオンラインがおすすめ

独り言は別として、英会話カフェ・オンライン英会話・英会話スクールの3つの利用法を考えると、英語力の足りない初心者はスクール、中級以上ならオンライン英会話がおすすめです。
どのように自分で英語を勉強していいか分からない、基本的な文法や単語もおぼつかない、英語のあいさつも難しいという場合は、勉強のやり方も含めて丁寧に指導してもらえる英会話スクールがよいでしょう。ここで勉強法をつかみ、英語を話すことに慣れ、最低限の知識を身につけることができます。そうすると英語の独学もはかどるようになります。
そして中級者以上になったら、オンライン英会話で毎日のようにレッスンを受けるようにしましょう。話す機会を増やせば、これまで蓄積してきたインプットが生きてくるはずです。コストもスクールより断然低くなるので、うまくオンライン英会話を使えば英語学習のコストパフォーマンスが大きく向上しますよ。

まとめ

最近では、英会話を話す機会として利用できる方法が多様になってきています。必要な知識のインプットを自分でできるのであればカフェやオンライン英会話、丁寧に教えてほしい、外国人と話すこと自体に慣れていないというのであればスクールがよいでしょう。英会話サービスの良し悪しよりも、その利用法によって効果に差が出ると考えてください。
ちなみに「初級でもないけど自分でオンライン英会話だけやって話せるようにならないかも」という方は、英会話スクールよりも短期集中のトレーニングプログラムの方があっているかもしれません。自己学習の仕方や進捗管理に加えオンラインでの会話の練習も効果的に設計してくれます。
もしそういったものにも興味があれば、ALUGOも一つのオプションです。現在の自分の英会話力が測れるアセスメントを受け・どういったトレーニングかデモレッスンも含めて体験できる無料カウンセリングを試してみてはいかがでしょうか。
この記事をシェアする: