ALUGO BLOG

役職名を英語で言うと?ビジネスで必須の肩書き・役職の英語表記一覧

Pocket

ビジネスシーンで欠かせない、英語での役職(post)や肩書きについて。 自分の役職を伝えるときはもちろん、相手の肩書きを間違って言ってしまうと、大変な失礼にあたることも。 今回はALUGOより、英語で伝える役職名・肩書きの一覧をご紹介します。

英語での役職や肩書きについての考え方

日本の企業の場合、順位別の肩書きが明確についており、それを直訳した英訳をつけることが多いですが、役職名の解釈は同じ英語圏の国でも、会社によって部長と課長の言い方が違うこともありますので、状況に応じて判断していく必要があります。 肩書きは、組織の規模や、企業形態によって、表現が違います。係長や、主任などは区別がないケースもありますので、日本の肩書きよりも実際の仕事内容で判断する方が良い場合があります。 会社によって表現や立場が違うものも多く存在します。同じ部長という立場でも「A社はGeneral Manager」、「B社はDirectorやManager」と表現しています。 「Managerが付いたら、どこかの部署の長」、「Directorが付いたら役員」など大まかな立場を理解するだけで、特にビジネスでの交渉では役立ちます。

役職について紹介する

まず、相手の役職や肩書きについて質問するときのフレーズをご紹介します。
日本だとダイレクトに相手の役職を尋ねるのは失礼にあたることもありますが、英語では役職を表す”position”には、「部署」や「役割」の意味合いも含まれるため、失礼にはなりません。どんな立場の人なんだろう?と思ったら、直接聞いてしまいましょう。
What is your position?(役職は何ですか?)
自分の役職や肩書きについて紹介するときは、以下の2パターンの表現がよく使われます。
I’m a/an 〜.(私は〜です。)
(例)I’m a financial director.(私は財務部長です。)
I work as a 〜.(私は〜として働いています。)
(例)I work as a promotion manager.(プロモーションマネージャーとして働いています。)

役職名の英語表記一覧

ビジネスシーンで頻出の、役職名や肩書きの英語表記をご紹介します。
立場別に一覧にしているので、自分の役職はもちろん、同じ部署の人の肩書きはスムーズに言えるようにしておきましょう。
自分の会社の組織図”Organization Chart”を英語で作成するとわかりやすいかもしれませんね。

経営責任者

最高経営責任者 CEO(Chief Executive Officer)
最高業務執行責任者 COO(Chief Operating Officer)
最高財務責任者 CFO(Chief Financial Officer)
最高法務責任者 CJO(Chief Judicial Officer)
最高マーケティング責任者 CMO(Chief Marketing Officer)
最高情報責任者 CIO(Chief Information Officer)
最高技術責任者 CTO(Chief Technology Officer)
最高提携責任者 CAO(Chief Alliance Officer)

会長・社長

取締役会長 Chairperson / Chairman / Chairman of the Board
理事長 Board Chairman
取締役副会長 Vice Chairperson / Deputy Chair
代表取締役 Representative Director / Executive Director
社長 President
副社長 Executive Vice President / Senior Vice President

取締役・役員

専務取締役 Senior Managing Director / Executive Managing Director / Senior Executive Director
常務取締役 Managing Director / Junior Managing Director
取締役・役員 Director / Member of the Board / Executive Officer
社外取締役 Outside Director
相談役(顧問) Senior Adviser / Executive Adviser / Corporate Adviser / Consultant
監査役 Auditor / Auditing Director
執行役員 Corporate Officer / Executive Officer
参与 Counselor / Consultant
顧問弁護士 Legal Adviser / Corporate Lawyer

支店長

支社長 General Manager / Vice President
支店長 Branch Chief / Branch Manager / Branch Office Manager / Store Manager / Office Manager
支店長代理/副支店長 Deputy General Manager / Deputy Branch Manager
店長 Store Manager
工場長 Factory Director / Factory Manager / Plant Manager

部長

本部長 Chief of Headquarters / General Manager / Division Director
部長 Manager / Director / Head of Department / Department Manager / General Manager / Section Manager
営業部長 Sales Manager / Sales Department Manager
総務部長 Administrative Manager / Chief of General Affairs
財務部長 Treasurer / Financial Director
副部長(部長補佐・部長代理) Sub Manager / Vice Manager / Assistant Manager / Deputy Director / Acting General Manager
次長 Assistant General Manager / Deputy Manager

課長・係長

課長 Section Chief / Section Head / Section Manager / Manager
課長補佐 Assistant Director AD / Deputy Section Manager / Assistant Manager
課長代理 Assistant Section Chief / Deputy Manager / Acting Manager
室長 Chief / Director/ Head of a section
参事 Secretary / Escritoire / Associate Director
副参事 Deputy Associate Director / Deputy Councilor
主幹 Chief Editor / Managing Editor
係長 Section Head / Unit Head / Section Chief / Deputy manager
主任 Supervisor / Chief / Head / Assistant Manager
主査 Project General Manager
班長 Group Leader

役職なし

一般社員 Staff / Employee / Member
派遣社員・契約社員 Temporary Employee / Non-regular Staff
アルバイト Part-timer
アシスタント・補佐 Assistant
見習い・研修生 Trainee
インターン・助手 Intern

担当ポジション名の英語表記一覧

米国企業とやり取りしていると、多くの役職のないスタッフでもメール末尾の署名欄のところに、Accounting specialist, Purchasing specialistなどの表記をしている例が結構あります。自分の担当が何なのか、一目で分かるようにしているのと専門職の国ならではの発想のひとつといえます。 役職がない場合は、部署名と氏名だけでも問題ありませんが、しいて入れるのであれば上記のように、~specialistと入れるほか、購買担当であれば、以下のような言い方もあります。 Purchasing specialist Purchasing Officer Purchasing Staff

総務・事務系

役員秘書 Executive Assistant / Executive Secretary
秘書 Secretary / Personal Assistant
総務担当 Administrator
事務員 Clerk
データ入力事務 Data Entry Clerk
コンピューター操作 Computer Operator
事務管理 Office Manager
受付 Receptionist

人事

人事コンサルタント HR Consultant
人事アナリスト HR Analyst
給与アナリスト Compensation Analyst
人事担当 HR Representative
人事事務担当 HR Administrator
労務担当マネージャー Labor Relations Manager
採用担当 Staff Recruiter

財務・経理

経理担当・会計 Bookkeeper / Accounting Clerk / Staff Accountant
経理担当 Controller
ファイナンシャル・アナリスト Financial Analyst
証券アナリスト Equity Analyst

営業

国際営業マネージャー International Sales Manager
地区担当マネージャー Territory Manager / Regional Manager
営業部員 Sales Representative / Associate / Executive
顧客担当営業部員 Account Executive
販売員 Sales Associate / Sales Staff
顧客サービス担当係 Customer Service Representative
売上分析担当者 Sales Analyst
営業事務・アシスタント Sales Assistant / Sales Support Specialist

マーケティング・広報

広報担当 Public Relations
メディア担当マネージャー Media Relations Manager
ブランドマネージャー Brand Manager
プロダクトマネージャー Product Manager
プロモーションマネージャー Promotion Manager
マーケットリサーチャー Market Researcher

IT関連

ITコンサルタント IT Consultant
システムアナリスト System Analyst
システムデザイナー System Designer
プログラマー Computer Programmer
ソフトウェア開発者 Software Developer
ソフトウェアエンジニア Software Engineer
ネットワークエンジニア Network Engineer
システム管理者 System Administrator
ウェブコンテンツ管理者 Web Content Administrator
ウェブマスター Webmaster
テクニカルトレーナー Technical Trainer
テクニカルインストラクター Technical Instructor

まとめ

役職・肩書きの英語表記をご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?
日本名に対して全く同じ意味合いの英語訳はほとんど存在せず、その企業や状況に応じて名前が変化することは多くあります。
いざというときに役に立つよう、英語の役職・肩書き名に関しては事前にしっかりと覚えておきましょう。

「毎日忙しくてなかなか十分英語を学習する時間がとれてこなかった。」
「可能な限り短い期間で、できるだけ無駄なくビジネス英会話力を向上させたい」
そんな方にはパーソナルカウンセラー×AIサポートのあるALUGOがおすすめです。
もし少しでも興味があれば、こちらからALUGOのことをのぞいてみてみてください。
短期集中ビジネス英会話トレーニングALUGO
この記事をシェアする: