無料カウンセリング
を申し込む
ALUGO BLOG

桁の大きい数、小数、分数は英語でどう言う?英語の数字の読み方

Pocket

英語での数字の読み方を知っていますか?「数字を目で見て理解はできるけど、英語で読み上げようとすると言葉に詰まってしまう」という人も多いはず。ここでは、ビジネスの場面や日常生活で欠かせない、英語での数字の読み方をご紹介します。

英語での桁の大きい数字の読み方

英語は日本語のように「万」や「億」という単位ではなく、「,(カンマ)」をつけた「千」の単位ごとに区切って読みます。「1,000」「2,000」などのきりのいい4桁の数字は、「one thousand」「two thousand」などと千の位の数字を読んだあとにthousandをつけて読みます。それ以外の4桁の数字は、千の位を「…… thousand」と読んだあとに、残りの 3桁の数字を読みます。例えば「2,654」であれば、「two thousand six hundred fifty four」という具合です。
4桁の数字のうち、下2桁に「0」が2つ並ぶ場合は、前の2桁を先に読み、そのあとに百の単位であるhundredをつけて読むこともあります。例えば「1,200」であれば、「twelve hundred」と読みます。

さらに桁の大きい数字で日本語と違うのは、英語では「100万(million)」や「10億(billion)」を単位に使う点です。例えば「10,000,000(1,000万)」は「ten million」と読みます。日本語にはない感覚なので、最初はピンとこないかもしれませんが、「100万(million)」は「1,000(thousand)」の1,000倍、「10億(billion)」はさらにその1,000倍という具合に、「千」の単位がもとになっています。「,」に気を付けると分かりやすいでしょう。
いったん理解できれば、「378,300,000,000(3,783億)」といった非常に大きな数字でも、「three hundred seventy eight billion three hundred million」とスラスラ読めるようになります。なお、コンピューター上の数字の単位や会社の企画書で予算を表すときなどは、1,000を1K「キロ」、1,000,000を1M「メガ」、1,000,000,000を1G「ギガ」と表すことがあります。

英語での小数の読み方

小数点は「.(ポイント:point)」と読みます。小数点より前の数字はごく普通に読み、pointを挟んで小数点以下の数字はひとつずつ読みます。例えば「31.361」であれば、「thirty one point three six one」となります。
また、小数点の左の数字が「0(ゼロ)」のときは、zeroは付けても付けなくても構いません。例えば「0.361」は「zero point three six one」、または単に「point three six one」と読むことになります。

ちなみに、英語で「小数」はdecimal(ディシモル、デシマル)と言います。

英語での分数の読み方

分数の読み方は、日本語と違いますので注意が必要です。例えば「1/3」を日本語では「3分の1」と「分母→分子」の順に読みますが、英語では「one third」と「分子→分母」の順に読みます。このように、英語の分母には序数を使います。また、分子が2以上の数の場合は、序数の分母に「s」をつけ、「2/3」であれば「two thirds」となります。

やや特殊なのは「1/2」と「1/4」で、この場合は序数を使わずに、それぞれ「half」、「quarter」と読むことでしょう。大きい数字が入っている分数のように複雑な数字を読むときに、日本語の「~分の」という意味であるoverを使うこともあります。その際は分母に序数は使わず、分子と同じように普通の数字の読み方をします(1/350 = one over three hundred fifty)。
ちなみに、英語で「分数」はfraction(フラクション)と言います。

英語での日常生活で使う数字

日常生活で使われる数字に電話番号や西暦、クレジットカード番号があります。電話などで読み上げることもあるので、読み方は覚えておきたいものです。

電話番号

通常は数字を左からひとつずつ順に読めば大丈夫です。「-(ハイフン)」は読み上げる必要はありませんが、少し間を置くといいでしょう。
  • ・03-1123-4500 = zero three one one two three four five zero zero
  • 0「ゼロ」はoh「オゥ」と読むこともあります。
  • ・03-1123-4500 = oh three one one two three four five oh oh
  • 2つ同じ数字があるときは、doubleと読むこともあります。
  • ・03-1123-4500 = zero three double one two three four five double zero
  • 0が2つあるときはhundred、0が3つあるときはthousandを使う場合もあります。
  • ・03-1123-4500 = zero three one one two three four five hundred
  • 西暦

    基本的に4桁の西暦を読むときは、2桁ずつに区切って読みますが、下2桁が00の場合はhundredを使います。
  • ・1970 = nineteen seventy/1800 = eighteen hundred
  • なお、1001~1009年の場合は千の位と一の位の数字だけ読みます。2000年以降の年号の場合は、千の位と下1桁または下2桁の数字を読むことが多いです。
  • ・1009 = one thousand nine/2018 = two thousand eighteen

クレジットカード番号

クレジットカード番号の場合は、電話番号と同じように、ひとつずつ数字を読みます。有効期限は、「/(スラッシュ)」を挟んで左から2桁ずつ読むと簡潔で伝わりやすいです。例えば「2020年10月」を表す「10/20」の場合は「ten slash twenty」となります。あるいは、「October two thousand twenty」と読んでも伝わるでしょう。

まとめ

日本語と同様に、英語でのコミュニケーションでも数字はよく使われます。英語の場合はただ数字を読み上げるというものではなく、考え方の理解も必要です。ここで紹介した数字の基本の読み方を覚えておき、ビジネスや日常生活などさまざまな場面で応用できるようにしていきましょう。

それ英語で話してみませんか?

数字を「読める」だけではビジネス上いまひとつです。 それを英会話の中で使いこなせると非常に便利ですし、周囲の同僚等からも一目置かれるでしょう。

「毎日忙しくてなかなか十分英語を学習する時間がとれてこなかった。」
「可能な限り短い期間でビジネス英語のスピーキング力を伸ばしたい」
そんな方にはバイリンガルのパーソナルカウンセラーによるサポートやAIによる弱点分析のあるALUGOがおすすめです。

もし少しでも興味があれば、ALUGOのことをのぞいてみてみてください。
さらに気になる方は、ぜひデモレッスンも体験できる無料カウンセリング
まずはALUGOアセスメントで英語力を測定してみませんか?
この記事をシェアする: