ALUGO BLOG

英語レッスンは何を選べばいい?4種類の異なるタイプの違い

Pocket

英語を習うためのサービスは多種多様で、料金やその内容も大きく異なります。
自分のレベルや必要性に応じて選ぶために、ここではいくつかの例をあげながら、それぞれのサービスの特徴を紹介したいと思います。趣味レベルではなく、ビジネスのために英語習得をしたいと考えている人は参考にしてみてください。

英会話スクール

英会話を習おうとするとき、まず最初に思いつくのが街中にある英会話スクールではないでしょうか。多くのスクールでは6~8人程度のクラス制か個別指導があります。講師は外国人の場合が多いです。クラスでは教科書を中心に授業をし、クラスメイト同士で話したり講師の質問に答えたりします。料金はあまり高くありませんが、発話の機会が少なかったり、同じ英語レベルの日本人クラスメイトと英語で話すメリットはあまりないので、個別指導の方がおすすめです。スクールは教室に通うという手間がかかるので忙しい人には大変かもしれませんが、学習のペースを作るのにはいいかもしれません。

SKype英会話

Skype英会話は、好きな時間にマンツーマンレッスンが受けられる上に、受講料が安いことがメリットです。筆者の経験上、最近はしっかりした講師もそれなりにいる印象ですし、毎回コーチを選ぶこともできます。しかし、Skype英会話は英語学習というよりも、日本にいながら英語を話す機会を得ることが目的といえます。なぜなら、Skypeでの限られた時間・通信環境で、英語を1から教わるのは難しいからです。すでにある程度の英会話ができる人が、スピーキング力の維持や向上を目的とした場合は利用をおすすめします。

テスト対策講座

英会話スクールとは違い、TOEICなどのテストで得点を取るための対策講座です。英会話スクールでもこのようなコースが用意されていることがありますが、基本的に英会話とは目的が違います。もちろん英語力が伸びないというわけではありませんが、受験するテストによっても学習内容が変わってくるので、やみくもに受けない方が良いでしょう。

ただし、モチベーション維持のためにテスト受験を目標にすることは悪いことではありません。それぞれのテストは特定の目的にそって作られていますので、内容を確認して自分が必要なテストを受験しましょう。

例えば、TOEFLは大学で学習する英語力を測るためのものです。内容はスピーキング、ライティング、リスニング、リーディングと多岐におよび、内容も大学レベルなので高度なものになっています。総合力を測るためにはいいテストですが、スピーキングなどに特化したい場合は不向きかもしれません。

短期集中コーチング型トレーニング

ビジネス英語レッスンを中心に増えているのが、コーチングによる短期集中型のトレーニングプログラムです。
多くの場合は一定の期間内で英語力を高めるために、マンツーマントレーニングを中心に行われいます。豊富な学習コンテンツやカウンセリングなどによるサポート体制が整っているため、客観的に習熟度を知ることができたり、英語の勉強を‟しなくてはいけない”状況に追い込むことができるので、効果は期待できるでしょう。デメリットとしてはコストがかかることです。サポート体制がしっかりしている分、料金もその他のサービスに比べてかなり高く設定されていますので、明確な目的があり本気で英語を習得しようという人におすすめです。また、このようなコーチングレッスンを受ける前にも、英語の基礎は押さえておいた方がいいでしょう。そうすればトレーニングの内容も理解でき、効果も出やすいので効率よく学習できます。

まとめ

今回の記事ではいずれも有料の英語学習サービスをご紹介しました。もちろん独学で英語をマスターできないということはありませんが、ハードルはかなり高いです。やはり、外部からのサポートを受けるために、ある程度の自己投資をする必要性・メリットは十分にあります。英語学習における最大の難関はモチベーション維持ですから、成果を実感しにくかったりスランプに陥る時期も出てきます。そんな時でも目標を見失わずにいるための方法として、コーチング型トレーニングなどの利用がおすすめです。
この記事をシェアする: