無料カウンセリング
を申し込む
無料英語力診断はこちら 無料カウンセリングを申し込む
ALUGO BLOG

感謝する英語と褒める英語

Pocket

人への感謝を表すことはビジネスにおいてもとても大切なことです。
しかし、何と言ったらいいのか分からないので “Thank you very much.” で終わっていませんか?
また相手のいい点を褒めることは、相手との関係作りに役立ちますね。
今回は感謝を述べる表現と相手を褒めるための単語を紹介します。

感謝の気持ちを表そう thank

まず感謝、お礼の表現として代表的なのが、上でも述べた“Thank”を使った表現です。
“thank”はそもそも他動詞で「感謝する、述べる」という意味で目的語に感謝する相手を置きます。
“Thank you.”は”I thank you.”=「あなたに感謝する」のIが省略された形です。
その他、よく使われるthankを使った表現は以下です。

thank 人 for 物事 「(人)に(物事)のことを感謝する」
例:The teacher thanked everyone for all their hard work.「先生は皆が一生懸命頑張ったことに感謝した。」

thank 人 for 〜ing 「(人)が〜したことに感謝する」
例:He said goodbye and thanked them for coming.「彼は彼らにさよなら、来てくれてありがとう、と言った。」

can’t thank 人 enough 「感謝してもしきれない」
例:I can’t thank you enough for your kindness. 「あなたの親切には感謝しきれない。」

appreciate

thankの次によく使われるのは動詞“appreciate”を使った表現です。
この語は「価値を理解する、良さを認める」という意味で、相手の行動へ感謝を表す際に使われます。
そのためthankのように人を目的語に取りません。
例:I truly appreciate your help. 「あなたの助けに本当に感謝します。」
例:Thank you for helping me. I appreciate it. 「助けてくれてありがとう。(そのことに)感謝するよ。」
このように、感謝する「物事」を目的語に置くことに注意しましょう。

その他の感謝の表現

日本でも「あなたが助けてくれなかったら、こんなことできなかったよ」と言いますね。これは英語で以下のように言います。
例:I couldn’t have done it without your help.

owe 「借りを作る」という動詞を使った表現もあります。
例:I owe you a lot. 「たくさんあなたに借りがある」→「とてもお世話になりました。」という意味になり、感謝を表すことができます。

形容詞を使った表現

niceやkindを使うと以下のような表現で感謝の気持ちを伝えることができます。
例:It’s very nice of you to come see me. 「会いに来てくれてありがとう」
例:It’s very kind of you to say so. 「そう言ってくれるなんて親切だ」
上の2つの例を見てもわかるように、” it is 人の性質を表す形容詞 of 人to do〜“の使い方をします。
to doの部分には相手がしてくれた行動を表す動詞を置きます。

thankの形容詞thankful

thankの形容詞、thankful(感謝している)もよく使われますが、“thankful (to 人)for物事”の語順で使うことを覚えておきましょう。
例:I am thankful to her for coming to my aid. 「彼女が助けに来てくれたことに感謝している。」
また、thankfulに似ていますが、grateful(感謝している)という形容詞も同様に人への感謝を表すことができ、”grateful (to 人)for物事”の語順で使います。
例:I am grateful to you for all your kindness.

*thankfulとgratefulには細かいニュアンスの違いがあります。
thankful=「(悪いことが起こらなかったため)安心している」
grateful =「相手がしてくれたことに感謝している」
この違いを考えるとビジネスでは後者を使うことのほうが多いかもしれません。

相手を褒める形容詞

相手を褒めることで、感謝の気持ちを表すこともできますね。
ここでは人や自分の「良い点」を述べる際に使われる形容詞を紹介します。
・思いやりがある=considerate/thoughtful/compassionate
・心が広い、寛大だ=generous
・面倒見がよい、気配りができる=caring
・正直だ=honest
・頼り甲斐がある=trustworthy/reliable/dependable
・自信がある=confident
・エネルギッシュだ=energetic *発音に注意しましょう「エナジェティック」のようになります。
・考え方が柔軟だ=open-minded
・勇気がある=brave
・明るい、朗らかだ=cheerful
・計画的だ、きちんとしている=organized
・知識がある、詳しい=knowledgeable
・楽観的だ=optimistic
・才能がある=talented
・クリエイティブだ、創造力がある=creative
・忍耐強い、我慢強い=patient
・野心家だ=ambitious
・カリスマ的だ=charismatic 合いこれらは形容詞ですので、”You are a very considerate person.”や、SVCのCに置いてYou are very considerate.”のように使うことができます。
自分の知り合いを想像して、どのような形容詞が当てはまるか考えてみてください。
あらかじめ準備しておけばスムーズに感謝の気持ちが述べられます。

またこれらを自分に対して使えば、自己アピールにもなります。レジュメ(英文履歴書)やインタビュー(面接)で自分の長所を述べる際に使用できますよ。

最後に

より良い人間関係を作るためには良いコミュニケーションが欠かせません。
ぜひこれらの表現を使って、一緒に仕事をする人に感謝を述べたり、良い点を指摘してあげる機会を増やしてみてください。

また、英会話習得の効果を高めるためのTipsにご興味がありましたら、下記より資料をダウンロードいただけます。


【資料のご案内】 英会話習得の効率を更に高める3つの手法とは

※こちらは、資料の一部を抜粋したものです。

【英会話習得効率を高める3つの原則と活用例】の資料ダウンロードはこちらから。
項目を以下に入力して続きをご覧ください。

この記事をシェアする: