無料カウンセリング
を申し込む
無料英語力診断はこちら 無料カウンセリングを申し込む
ALUGO BLOG

旅の英語

Pocket

皆さん旅行は好きですか?ビジネス、プライベートに関わらず海外旅行に英語は付き物ですね。
「旅行」という語がでてきて「trip, travel, journey、tourのどれを使ったらいいのかな」と迷ったことはないですか?
今回はそれらの違いと旅行に関する表現を ご紹介します。


trip、 travel、journey、tourの違い


trip
短い期間の「旅」を表す名詞です。日帰りで行われる「遠足」は”field trip”、「出張」は”business trip”と呼ばれます。
動詞としてtripを使って”I tripped”というと「私は転んだ」という意味になるので注意しましょう!

travel
tripよりも距離や時間が長い旅を表すので、日本語の国内旅行や海外旅行をイメージするといいでしょう。
動詞と名詞の使い方がありますが、日常会話では主に動詞として使われます。

journey
「旅の過程」、つまり道中に視点が置かれています。”How was your journey?”と言うと「旅の道中はどうだった?」というニュアンスになります。
また「距離の長い旅」という意味合いから “My journey as a mother” (母としての私の道のり)や”Life is a journey.”(人生は旅だ)のように人生の過程を述べる時に使われることもあります。

tour
複数の場所を巡る旅に対してtourという語は使われます。また視察のように、学ぶことを目的とする旅もtourと言います。
そのほか、「旅」ではありませんが、工場の施設(factory tour)や大学構内(campus tour)を巡ったりすることにもtourは使われますし、プロのゴルフ(golf tour)やテニス(tennis tour)の選手が参加する一連の大会にもtourが使われています。

trip、 travel、journey、tourのよく使われるフレーズ

・ 「〜へ旅行する」= go on a trip to 〜/take a trip to 〜
〜には場所を表す名詞が入ります。「イタリアに旅行に行く」なら”I’m going on a trip to Italy.”と言います。

・ 「旅行はどうだった?」= How was your trip?
”How was your trip?”と言いますが、”How was your travel?”とは言いませんので注意しましょう。

・ 「安全な旅を!」= Have a safe trip!
ここでもtravelは使いませんので注意しましょう。

・ 「私は旅行が好きです」= I like to travel./I like traveling./I like going on trips.
上で述べたようにtravelは通常動詞で使われますので、この表現にはtravelを使います。

・ 「私はよく出張で海外にいく」= I often travel abroad on business.
“on business”は「仕事で」という意味です。「出張旅行」はa business tripですが、それを使わずにtravelを動詞で使って簡潔に表現できます。

・ 「旅費」=travel expenses
「経費」はexpenseですが、様々な内訳があるので複数形を用います。

・ 「ツアー・パックツアー」 = package tour
日本語で「ツアー」というと、団体旅行で「いくつかの場所を訪問する」ことを思い浮かべるかと思いますが、英語のtourはその「いくつかの場所を訪問する」ことを指し、団体旅行は差しません。
代理店などが滞在場所、交通手段なども手配してくれた旅はpackage tourと呼ばれます。


言いたいけどなかなか言えないフレーズ

自分の旅行について、英語で説明しようとすると案外難しいものです。
「これ、英語でどう言うのかな?」と思うような表現を紹介します。



・ 「この夏は国内旅行に行ったよ」= I went on a domestic trip this summer.
domesticは「家庭内の、国内の」という意味を表します。(飛行機の国内線はdomestic flightと言います。)
また”I was staying local this summer.”(「この夏は国内にとどまっていたよ」)と表現することもできます。

・ 「ちょうど旅行から帰ってきたところだよ。」= I have just got back from my trip.
「〜したところ」なので現在完了形を使います。「ちょうど」にあたるjustを入れてつい最近の出来事だ、ということを表すのがポイントです。
また”I had a vacation in Hawaii.”のような表現をしても旅行に出かけていたことは伝えられます。

・ 「兄は昨日アメリカに行ったけど、来週には帰ってくるよ」
  = My brother went on a trip to America yesterday but he’s coming back next week.
    /My brother left for a trip to America and he will return next week.

“go on a trip”を使った応用編です。「帰ってくる」はcome back/returnの他に“be home”を使って”He’ll be home next week.”という表現も使うことができます。

・ 「2泊3日の旅行に行ったよ。」
  = I went on a trip for three days and two nights./My vacation lasted for two nights and three days.

「2泊」はtwo nightsと表現します。また「旅行」はvacationやholidayを使って表すことも多いです。

・ 「今旅行中なんだ。」= I’m on a trip. /I’m on vacation. /I’m on holiday.
“go on a trip”のgoの代わりにbe動詞を使うと「旅行中である」という状態を表すことができます。
同様にvacationやholidayも使えます。(vacationはアメリカで、holidayはイギリスでよく使われます。)


最後に

旅に出たくなりましたか?
英作以外にも自分の海外旅行、海外出張について話すときに使えるフレーズですので、ぜひ使ってみてくださいね。

また、英会話習得の効果を高めるためのTipsにご興味がありましたら、下記より資料をダウンロードいただけます。


【資料のご案内】 英会話習得の効率を更に高める3つの手法とは

※こちらは、資料の一部を抜粋したものです。

【英会話習得効率を高める3つの原則と活用例】の資料ダウンロードはこちらから。
項目を以下に入力して続きをご覧ください。

この記事をシェアする: