無料カウンセリング
を申し込む
無料英語力診断はこちら 無料カウンセリングを申し込む
ALUGO BLOG

スピーキング上達のために必要な事

Pocket

「どうやったら英語を話せるようになりますか?」という質問をよく受けます。 シンプルな答えは勉強をすることですが、中には簡単なコツをつかむだけでいっきに上達する人もいるでしょう。ここでは英会話をするうえで必要なことと注意点をご紹介します。

英会話はまず土台作りから

ほとんどの人が日本語を話すときに文法を意識することなく自然と話すことができますがそれを説明をしろと言われても難しいでしょう。その理由は文法を知らないのではなく、私たちがネイティブ日本語スピーカーで言葉のシステムを生まれた頃から無意識に理解し使いこなしているからです。英語に関しては残念ながらネイティブではありませんので仕組みを覚える必要がありますし、大人と赤ん坊では吸収力が違うので自然に話せるようになるということはないと言えるでしょう。さらに「文法は気にしないでとにかく話せ」といったことを耳にしますが、これは半分正解で半分間違いです。文法にとらわれすぎて言葉が出ないのは本末転倒ですが、英語をビジネスで使うのであればできるだけ正確な言葉で話すべきです。

話す前の基礎トレーニング

どのようなトレーニングがスピーキングにつながっていくのかを紹介します。 まずは日常会話などで使われる基礎単語と文法の理解が不可欠です。この土台なくしては何も始まりません。教材としては解説のしっかりとした日本語で書かれたものをおすすめします。その次に取り組むべきはリーディングとライティングです。英語の文章を読むことは単語力の向上にもつながり文法をより理解することに役立ちます。そしてライティングは覚えた単語を使ってできるだけ正確な文章を書きます。英会話スクールなどで添削をしてもらうとよいでしょう。慣れてきたら日本語を英語に翻訳するのではなく、そのまま英語で考えて書くことを意識してください。そして覚えた知識を使って英語で文章をスラスラ書けるなら、あとはそれを口から出す訓練をすればスピーキングはできますし、知識があって英語のリズムに慣れてくればリスニング力もどんどん向上します。

頭の中は英語だけー英語脳

英文を作りなれていないときは文法を確認しながら日本語を英語に翻訳するのもいいでしょう。しかし、そのままでは会話をするときにスラスラと話すことは難しいでしょう。土台作りができたら、あとはどんどん英語のリズムに慣れて自然と文章をつくることが必要です。それには引き続きのリスニング、リーディング、ライティングトレーニングを頭の中で日本語使わずにおこないます。初めはうまくできないかもしれませんが繰り返すことで脳が慣れてきます。ちなみに筆者は英語を話しているときは日本語がスムーズに出てこなくなります。英語での会話をつまることなくリズムよくすることを意識するとよいでしょう。これが英語脳で話すということです。英語を聞きながら即座に日本語に直して理解することは同時通訳者でもない限りできませんし、話すときも同じです。脳を英語モードに切り替えられる訓練をしましょう。

英語が話せるの基準

英語の必要性は人それぞれ違います。日常会話さえできればいい人にとっては単語をつなぎ合わせるだけでも‟英語が話せる”と言えるでしょうし、問題はないと思います。実際に海外で活躍している日本人アーティストの友人の英語は初心者レベルです。しかし、彼女は言葉でなくステージで歌えば誰もが認める存在であり、最低限の英語だけで問題ないのです。
ではビジネスの世界ではどうでしょう。どんなに優れた商品を売り込むにしてもビジネスパーソンのマナーや言葉使い、分かりやすい説明などが必要です。つまり論理的で流暢に話せるレベルの英語が多くのビジネスシーンで求められるのです。話し終わるのを優しく待ってくれて理解しようとする人もいますが、不快感を出す人がいることも事実ですし、そもそも話を聞いてくれないこともあります。第一にオドオドと話してしまっては自信がない人だと思われてしまうでしょう。
しかし流暢=完璧ではないことを覚えておいてください。英語ネイティブの人たちは英語を第二言語として話す人が多いことを理解しています。ですので、文法の細かいミスや発音はあまり気にしないで自信をもって話しましょう。そして、英語を話すときは自分は英語が話せる人間なんだと英語ネイティブになった演技をするつもりで話すと不思議と楽しくなります。

まとめ

スピーキングトレーニングの方法はたくさんあります。英会話スクールやSkypeレッスン、英会話カフェ、また、英語でひとりごとを言うのも隙間時間にできる有効なトレーニングです。しかし、どのような訓練を行うときも基本は同じです。できるだけ正確な英語を自信をもって話す。あとは知らない単語や言い回しを見たら覚えたり、通勤中に英語のリスニングをしたり、英語の記事を読んで感想を英語で書くなど日々のトレーニングを積み重ねることでスピーキング力の向上につながります。英語は総合力です。すべての能力を伸ばしてこそ英語が話せる人に一歩ずつ近づくことができます。

英語学習できていますか?

「毎日忙しくてなかなか十分英語を学習する時間がとれてこなかった。」
「可能な限り短い期間でビジネス英語のスピーキング力を伸ばしたい」
そんな方にはバイリンガルのパーソナルカウンセラーによるサポートやAIによる弱点分析のあるALUGOがおすすめです。

もし少しでも興味があれば、ALUGOのことをのぞいてみてみてください。
さらに気になる方は、ぜひデモレッスンも体験できる無料カウンセリング
まずはALUGOアセスメントで英語力を測定してみませんか?
この記事をシェアする: