ALUGO BLOG

英語が苦手な人の海外旅行を助けます!海外旅行で使える英語<出発カウンター(デスク)編>

Pocket

海外旅行は、島国日本の立派なエンターテイメントになりました。今では日本人を楽しませてくれる国民的娯楽です。以前から一度は訪れてみたかった海外の憧れの場所、そこで過ごす素晴らしい時間があなたの一生の思い出になります。日本人の海外旅行は、時間の制約と言葉の問題から至れり尽くせりのパック旅行で始まりました。日本人特有のきめ細かい配慮がされたパック旅行は大きな海外旅行ブームを作り出したのです。

最初は至れり尽くせりのパック旅行を利用していた人たちも、やがて旅行に慣れてくれば、自分で全てを計画して海外旅行を楽しみたいと思うようになります。実際、インターネットを利用すれば、最近は航空券の手配、宿泊先やレンタカーの予約などもオンラインで簡単にできるようになりました。海外旅行に関する殆ど全てのことがインターネットを通して出来るのです。本当に便利な世の中になったものですね。

ただ、1つ気になることがあります。それは「言葉」です。英語が苦手、または話す勇気がないと、やはりパック旅行、ツアー旅行を選ぶしかありません。ただ、海外旅行の主な場面で使われる英語は、どんな会話の進展になるか全く分からない一般英会話とは異なり、予想可能な英語・英会話だと言えます。色々な場面設定での会話練習を事前に練習しておけば、英語が苦手な人でも充分に対処できるはずです。

今回は、英語が苦手な人が特に緊張しやすい海外旅行時の搭乗手続きでの英語フレーズにスポットを当ててみました。

海外旅行の出発カウンター(デスク)で使う英語

それでは早速、海外旅行の出発カウンター(デスク)で慣れておきたい英語のフレーズをご紹介します。

冒頭でも言いましたが、インターネットを利用すれば、海外旅行で必要になる色々な予約ができます。出来ることは、なるべく事前に準備しておけば時間の節約になりますし、現地での複雑な手続きをする必要もありません。

日本語サイトだけではなく、英語サイトでのリサーチも行えば、非常に勉強になります。英語サイトの方が情報量が膨大で正確かつ経済的に役立つものが多い印象です。旅行に使われる専門的な英語のキーワードもたくさん含まれていますので、インターネットの英語サイトも最大限活用しましょう。それでは、海外旅行の出発カウンターで頻繁に使われる英語フレーズを発音にも注意しながら見ていきましょう。

海外旅行の出発カウンターで使う英語1.航空券の予約を電話で確認

国際線を利用する場合は、出発の2~3日前に電話で予約確認を必要とする場合があります。その場合は、I’d like toを使い、以下のように尋ねましょう。
I’d like to confirm my flight.
「ァドライクトゥコンファーマイフライ(ト)」
(私の予約便の確認をしたい。)

このフレーズには連続する英単語での子音に関する発音ルールが適用されます。つまり、confirm myは、子音のmが2つ続きますので1つは省略されます。flightの最後の子音tは、口だけ「t」の形で殆ど発音されることはありません。

上記の質問に対して予想される対応には次のようなものがあります。
Can I get your ticket number, please?
「キャナイゲッチュァティケッ(ト)ナンバァ、プリーズ」
(航空券の番号を教えてください。)

get yourはゲッチユァとリンキングが起こります。ticketの最後の子音tは、殆ど発音されません。しかし、口の形が必ずtの形で終わっている必要があります。
Are you scheduled to depart on September 7th at 11:00 am?
「ァユスケジュールトゥディパートンセプテンバーセヴンサトゥイレヴンエイェム」
(日程どおり9月7日の午前11時に出発しますね。)

depart onはディパートンとリンキングされ、7th atはセヴンサトとリンキングされます。
Is anybody else traveling with you?
「ィゼ二バディエルズトラヴェリンウィズユ」
(どなたか他に、あなたと旅行されますか?)

Is anybodyは、ィゼ二バディとリンキング、され、travelingの最後の子音は消音になります。
Your ticket’s been confirmed.
「ュァティケッビーンコンファーム(ドゥ)」
(あなたの航空券は確認されました。)

Please arrive at the airport 3 hours before your scheduled flight.
「プリーズァライヴァディエアポースリーアワーズビフォーユァスケジュールトゥフライ」
(どうぞ、フライトの出発予定時刻の3時間前には空港にお越しください。)

海外旅行の出発カウンターで使う英語2.出発カウンターでの手続き

空港内の出発カウンター(デスク)での予約便の確認は、まず空港内で航空会社の出発カウンターを探します。

“Excuse me, where’s the ABC Airlines check-in counter (, please)?”
“Where‘s the check-in desk for ABC Airlines (, please)?”

「ゥェァザ+子音、、、ゥェァズディ+母音、、、」
(ABCエアラインの出発カウンター(デスク)はどこですか。)

通常、出発カウンター(デスク)では国際線の航空券を購入することはできませんが、アメリカなどの国では国内線は鉄道やバスなどの交通機関と同等ですので、航空券を購入できます。その場合は次のフレーズが使えます。

I’d like to reserve two seats to Boston (, please).
「ァドライクトゥリザーブ トゥーシーットゥボストンプリーズ」
(ボストンへのフライトを2席予約したいのでよろしくお願いします。)

I’d like to book two seats to Boston(, please).
「ァドライクトゥブック トゥーシーットゥボストンプリーズ」
(ボストンへのフライトを2席予約したいのでよろしくお願いします。)

I’d like to have two seats to Boston(, please).
「ァドライクトゥハヴ トゥーシーットゥボストンプリーズ」
(ボストンへのフライトを2席予約したいのでよろしくお願いします。)

すると、次のように尋ねられます。
Will that be one way or round trip?
「ゥイルザトゥビワンウェイオラゥントリッ(プ)」
(それは、片道ですか、往復ですか)

Would that be one way or round trip?
「ゥドゥザトゥビワンウェイオラゥントリッ(プ)」
(それは、、片道ですか、往復ですか)

ここで、or roundは子音のrが2つ続きますので1つは省略され、tripの最後の子音pは口だけは、pの形ですが殆ど発音されることはありません。

この他に海外旅行の出発カウンター(デスク)で予想される英語フレーズには次のようなものがあります。

Ticket, please?
「ティケップリーズ」
(航空券をお願いします。)

May I see your ticket?
「メィアィシィョァティケッ」
(航空券を見せていただいてよろしいですか。)

Do you have an e-ticket?
「ドゥユハヴァンィーティケッ」
(電子版航空券をお持ちですか。)

Do you have some photo ID?
「ドゥユハヴサムフォタィディー」
(何か写真付きの身分証明書をお持ちですか。)

Do you have some picture ID?
「ドゥユハヴサムピクチュァァィディー」
(何か写真付きの身分証明書をお持ちですか。)

How many bags are you checking?
「ハゥメニィバッグズァユチェキン」
(鞄は、いくつ搬入されますか)

How many pieces of luggage are you checking in?
「ハゥメニィピィスィゾオブラゲージァユチェキン」
(荷物は、いくつ搬入されますか)

How many carry on bags are you taking with you?
「ハゥメニィキャリィオンバッグズァユテェィキンウィズュ」
(手荷物は、いくつ持ち込まれますか)

Do you have a carry-on bag? (持ち込み荷物)
「ドゥユハヴァキャリィオンバッ」
(機内に持ち込む荷物はありますか)

Do you require special assistance? (歩行器や車椅子)
「ドゥユリクァィャァスペシャルアシスタンス」
(特別な補助が必要ですか)

Do you prefer window or aisle?
「ドゥユプリファウインドオァィル」
(窓側の席か通路側の席のどちらがよろしいですか)

Is a window seat ok with you?
「イザウィンドゥシィトオゥケィウィズュ」
(窓側の席でよろしいですか)

Is an aisle seat ok with you?
「イザンナイルシィトオゥケィウィズュ」
(通路側の席でよろしいですか)

Is a middle seat ok with you?
「イザミドルシィトオゥケィウィズュ」
(真ん中の席でよろしいですか)

海外旅行の出発カウンターで使う英語3.セキュリティチェック対応

2001年の911テロ事件後に、それまで2時間以上前に空港に到着して出発手続を始める義務が3時間以上前になりました。セキュリティチェックが厳しくなったからです。そして、そのための質問も以前より詳細なものになりました。追加された質問を見てみましょう。
I have to ask you a series of questions.
「ァハフトゥアァスクユァシリィゾブクェションズ」
(あなたに一連の質問をしなければなりません)

Please respond with a yes or a no.
「プリーズリスポンウィザイエスオァノ」
(イエスかノーでお答えください)

Did someone you do not know ask you to take something on the plane with you?
「ディサムワン、ユドゥノノウ、アァスクユトゥテェィクサムスィング、オンザプレインウィズユ」
(あなたの知らない人が、何か機内に物を持ち込むように頼みましたか)

Did you pack these bags yourself?
「ディジュパッディィズバッグズユァセル(フ)」
(これらの鞄はご自分で荷造りされましたか)

Did you have possession of your luggage since you packed?
「ディジュハヴポゼッショノブユアラゲィジ、スィンスユパックト」
(あなたの荷物は、荷造りしてから(肌身離さずに)ずっとお持ちでしたか)

Did you leave your luggage unattended at all in the airport?
「ディジュリィヴユアラゲィジ、アンナテンディダトオールインディエアポゥ(ト)」
(空港で荷物に付き添うことなく放り出したりはしていませんね)

Are you carrying any flammable material?
「ァユキャリィィンエニィフラマブルマテリアル」
(あなたは、何か可燃性の物を携帯されていますか)

Are you carrying any weapons or firearms?
「ァユキャリィィンエニィウェポンゾファイヤァァム」
(あなたは、何か武器や銃器を携帯されていますか)

アメリカをはじめとする厳しいテロ対策をとる国では搭乗前のセキュリティチェックに対する変更が頻繁にあります。海外旅行をする前には、セキュリティチェックの最新情報を調べておきましょう。

海外旅行に行く前にしておきたい英語の発音練習

海外旅行に行く際は、相手の英語を聞き取れることも重要ですが、ある程度しっかりとした発音で話せなければ相手にも返答できません。そこでここでは、海外旅行に行く前にしておきたい英語の発音練習をご紹介します。

海外旅行前の英語練習1.おさえておきたいTH, R, L, V, Fの発音!

日本人が特に苦手な発音です。意識しないでも自然に発音できるようになるまで、根気よく常に注意を払いながら発音していきます。これらの発音を習得するためにはある程度の時間がかかります。焦らずに、この5つの音を含んだ単語を意識して繰り返します。これらの発音が出来るようになれば、自分が次にどのように発音練習をしていけばいいのかが自ずと分かってくるものです。
  • TH:舌先を軽く噛んで発音します。
  • R:口の中で舌先がどこにも触れていない状態で発音します。慣れるまでは、「ゥ」と口を丸めた状態から発音します。
  • L:上の前歯の付け根に舌先を当てて発音します。
  • V:上の前歯の先を下唇の内側に当てて発音します。
  • F:上の前歯の先を下唇の内側に当てて発音します。

海外旅行前の英語練習2.フレーズの英単語を独立して発音しない!

ジャパニーズイングリッシュと言われる日本人特有の区切り読みは止めましょう。
例えば、I’d like to confirm my flight.は、「アイド ライク トゥ コンファーム マイ フライト」と区切り読みをしないで、「ァドライクトゥコンファーマイフライ(ト)」と発音します。

主語のIは、「アイ」とは発音せずに小さく「ァ」だけ発音します。confirm myは、confirm の語尾のmとmyのm、2つの同じ子音が連続しますので、発音ルールでは1つだけ発音します。flightの末尾の子音tも、発音ルールから非常に小さく発音されるか、全く発音されない場合もあります。

I’d like toは、I want to の丁寧な言い方でI would like to の省略形です。ネイティブスピーカーは、省略形を多用する傾向があります。他の色々な短縮形も覚えましょう。

「海外旅行で使える英語<出発カウンター(デスク)編>」まとめ

今回は、海外旅行で特に緊張する出発カウンター(デスク)で使う英語を中心にご紹介しました。発音や区切り読み対策のために例文をたくさん挙げてみましたが、いかがでしたでしょうか。例文のカタカナ表記がどうしてそういう風な表記になるのか、自分で英文と比べながら確認してみてください。

最初にカタカナ表記を読み上げると少し変な感じがするかもしれませんが、ネイティブスピーカーにそのように話しかけると不思議とよく通じるものです。何故ならカタカナ表記は、実はネイティブスピーカーの発音そのものだからです。

これらのカタカナ表記が何故その様に表記されるのか、発音のルールに基づいてフレーズを発音できるようにしましょう。スピーキングの能力が向上するだけではなく、リスニングの能力も飛躍的に向上しますよ。フレーズは単語ごとにアルファベットの文字を意識して区切り読みするのではなく、ネイティブが発音するように一気にそのフレーズを1つの単語の様に発音しましょう。

今回ご紹介した海外旅行の出発カウンターで使う英語を習得して、ぜひ最高の海外旅行になることを願っています。
この記事をシェアする: