無料カウンセリング
を申し込む
無料英語力診断はこちら 無料カウンセリングを申し込む
ALUGO BLOG

英語会議でのTipをご紹介!

Pocket

英語会議では、場の空気を呼んで聞き役に回るよりも、自分の意見を積極的に話すことが期待されます。活発な意見の飛び交う会議に慣れていなかったり、英語力に自信がなかったりすると、日本人は一般的に引っ込み思案になってしまいがちです。
しかし本質的に会議の進行役を務める場合の理想像は、多くの会議参加者から意見や考えを引き出し、有意義な会議を展開することです。
今回は、西洋文化で意見が重視される理由、そして話す機会を会議参加者に与えるための英語表現をご紹介します。
普段英語を使用しないが、急に英語会議をしなければいけなくなってしまった管理職やリーダーの方、必見の内容です。

なぜ、西洋では意見がより重視されるのか?

結論から申し上げると、西洋と東洋の文化の違いです。西洋文化では、敢えて反対の立場をとって議論したり、聞き手であっても話し手に情報を提供したりすることで、会議に貢献したと見なします。
一方、東洋文化では、聞き手が話し手に反論したり、上司の意見を尊重しなかったりすることは、あまり歓迎されるべきことではなく、決して良い態度だとは見なされません。西洋文化では、意見や情報を全員が提供し合うことで、良い会議が成立し、そこから実りのある結論が得られると考えられています。

意見を聞きたい時に便利な英語表現

まずは、ストレートな英語表現で考えを聞きましょう。
What did you think about 〇〇?
(〇〇についてどう思いますか?)

What did you like about the plan particularly?
(特に、その計画についてどう思いますか?)

I’d like to know what you think about it.
(それについてどう思うか知りたいです。)

I am interested in what you are thinking about our current working shift.
(現在の労働シフトについてどう思っているのかに興味があります。)

How does it feel to reduce the cost?
(価格の削減についてどう感じますか?)

What are you making of the US market ?
(アメリカ市場についてどう思いますか?)
もう少し聞きたい場合、
For example?
(例えば?)

Such as ?
(例えば?)

What do you mean?
(どういう意味ですか?)
知っていることや自分の意見を出しながら、相手の意見も促してみましょう。
興味を示すことで、相手からより有用な意見や情報を引き出せる可能性が高まります。

例えば、 
I heard you have lived in Tokyo.
(東京に住んでいたことがあると聞きました。)

It must have been hard.
(大変だったでしょうね。)

You were saying earlier about rent for production facility.
(以前に製造設備について話していましたね。)

I am interested in what you said earlier about the diversity of the food market.
(以前、あなたが話していた食品市場の多様性について興味があります。)
など、相手の興味関心に寄り添い、より有用な情報を引き出す足掛かりとしましょう。

最後に

今回ご紹介した英語表現は、会議の進行やビジネスの交渉等のフォーマルな場面からカジュアルな場面まで幅広く応用することができます。特に、異文化間の会議では、文化の違いを理解した上で会議の進行をすることが、認識の齟齬をなくす上で、とても大切です。ぜひ今回ご紹介した表現を積極的に活用してみて下さい。
______________________________
一度ALUGOの無料カウンセリングを受けてみませんか?
遠方やお忙しい方にはお電話でのご案内も対応しています。
ご予約フォームからご予約ください。
この記事をシェアする: