ALUGO BLOG

TOEICとTOEFL。外資系企業への転職にはどっちが有利?

Pocket

20代や30代での転職が当たり前になっている昨今、キャリアアップを狙った転職を考えている人も少なくありません。その人の中には、実力主義の世界で勝負したい、もしくは将来グローバルな環境で仕事をしたいと考えて外資系の企業への転職を考えている人もいることでしょう。

外資系企業への転職は、多くの場合、英語が必要になってきますが、その準備としてTOEICとTOEFL、どちらのスコアを伸ばしておくのが有利になるのか?気になる方も多いでしょう。今回は、TOEICとTOEFLの違いとどちらが有利になるかについて説明していきます。

toeic-toefl1

TOEICとTOEFLの違い

TOEICとTOEFLはその試験目的、存在目的が違いますので、その点をしっかりと理解しておく必要があります。

試験の目的の違い

TOEICは英語での実践的な能力を評価するために設けられているテストです。一般的に英語の実務に必要な能力や評価を目指すならTOEICを受けるべきと言う人が多いのはそのためです。日常会話やビジネス会話の力をつけたり、試したりするのに適しているテストです。一方のTOEFLは海外留学を目指す人のための試験という位置づけが強く、米国の大学などに外国人が入ろうとする場合、入学の基準としてTOEFLのスコアを条件としている学校がほとんどです。

試験内容の違い

TOEICとTOEFLは試験の形態がかなり異なります。TOEICは試験用紙を用いて行われる一斉試験で、解答用紙に答えをマークしていくことによって進められます。日本人にとっては馴染みやすい試験の形と言えます。それに対してTOEFLはパソコンを用いて試験が進められ、ヘッドセットを着けて試験を受けます。スピーキングのテストも試験管と対面でやるわけではなく、ヘッドセットのマイクに向かってしゃべって録音するというものです。

外資系企業への転職にはTOEICとTOEFLどっちが有利?

では外資系企業への転職を狙っている人はTOEICとTOEFLどちらのスコアを持っているほうが有利なのでしょうか?

結論から言うと絶対的にどちらのほうが有利ということはありません。ビジネス英語がメインと聞くとTOEICのほうが仕事の採用の面では有利なような気がしますが、現実にはそこまで意識されるものではないのです。むしろ世界的な知名度としてはTOEFLの方が上なのです。TOEICはあくまでTOEFLから派生したものであり、日本国内での知名度が高いと認識しておいてください。

もちろん転職しようとしている企業で明確にTOEICかTOEFLのどちらかのスコアを求められているのであればそちらの試験を受けておく必要があります。一番良いのはどちらも受けておいて、それぞれのスコアを持っていると便利かもしれません。

TOEICとTOEFLどれぐらいのスコアをとればいいか?

TOEICとTOEFLそれぞれどのぐらいのスコアを叩き出していれば外資系企業への転職の時有利に働くのでしょうか?外資系企業で働きたいのであればTOEICのスコアはまず700点を目標にしましょう。もちろん高ければ高いほど良く、理想としては900点以上を狙いたいところです。

TOEFLに関しては105以上が理想となってきます。しかし、英語を話すことに慣れてない日本人がスピーキングのパートで高得点を獲るのは難しいため、総合店で100に到達する人すらそう多くはありません。TOEFLに関しても最初から高すぎる目標を持つと挫折しやすくなるので、各パートで少しづつ点をあげていく計画で学習をすすめる方が良いでしょう。ちなみにTOEICやTOEFLは資格とは呼びません。あくまでそれぞれのテストでどれくらいの得点を出したかでその人の英語力を測るものです。

大切なのは英語力

toeic-toefl2

結局転職の際に必要になるのは現場で実践的な英語力です。それならばやはりTOEICなのでは?と思う方もいるかもしれませんが、一概にそうは言えません。企業が求めているのはコミュニケーションスキルであり、人間と人間のコミュニケーションには語彙力や文法の知識以上のことが求められます。

しかし企業も面接する人たちの英語力を十分理解できるまで延々と英語の対面テストをおこなうわけにはいかないので、1つの基準としてTOEICやTOEFLの点数というものを参考にしています。

国内で外資系の企業への転職や就職を考えている人、ゆくゆくは海外就職を考えている人にとってTOEICやTOEFLは受けておいて損はないテストです。早いうちから勉強を始めるようにしましょう。

会社に入ってからTOEICの試験を受けて一定の点数以上を取ることが求められている人はいますが、仕事と勉強の両立が大変で独学ではなかなか身につかないのが現実のようです。そんな際は、ALUGOのような短期集中型のオンライン英会話で学習してみてはいかがでしょうか。

ビジネスで英語を用いる場合最も大切なのは対面でのコミュニケーション技術だと思いますが、同時にメールなどの文面できちんとビジネスイングリッシュを使いこなすことも求められます。スピーキングとライティングの両面で十分なスキルを身につけられるようにな勉強をしておきましょう。

この記事をシェアする:
個別相談会