ALUGO BLOG

外資系の企業で働くにはどれくらい英語力が必要?

Pocket

required-skills1

外資系企業への就職を考える多くの方が、外資系企業で働くためにどれくらいの英語力が必要になるのか気になるところでしょう。今回は、外資系の企業で働くためにどれくらいの英語力が必要なのか?英語力をつけるために何をやるべきかをご紹介します。外資系企業へ就職する際の参考としてご確認ください。

外資系企業で英語が必要になるシーン

外資系企業での英語は、企業内のやり取り、クライアントとのやり取りに必要になります。企業内では、海外本社との電話やテレビ電話・メールでのやり取り、外国人の上司への報告やプレゼン、社内会議などで必要になります。クライアントとは、商談、電話やテレビ電話・メールでのやり取りで必要になります。

また、外資系企業では書類が英語で記載されているケースは珍しくありません。いずれのシーンにも対応できるように、英語の会話力だけでなく、文章力も磨きましょう。

英語ができなくても外資系企業で働ける?

英語ができなくても外資系企業で働ける可能性は十分にあります。なぜなら、外資系企業だからといって、すべての仕事に英語が必要なわけではないからです。必要とされる英語力は、外資系企業のタイプ、所属部署によって求められるレベルが異なります。中には、ほとんど英語を使用しない外資系企業もあります。

たとえば、外資系企業であっても社員全員が日本人の場合。クライアントとのやり取りで英語を使用しなければ、ほとんどの場合、日本語だけしか使用しません。もちろん、海外の本社とのやり取りで一部の社員は英語を使用することになりますが、入社して日が浅い社員が行うことはほとんどないでしょう。

ただ、英語ができたほうが良いことに変わりはありません。日本人がほとんどの外資系企業であっても、出世すれば外国人の幹部とのやり取りで英語が必要になるからです。現時点で高い英語力がなくとも、それだけで外資系企業で働くことをあきらめる必要はありません。ただ、たとえ入社後であっても、自分の可能性を広げるために英語の勉強はするようにしましょう。2ヶ月で英語が話せるレベルまでしたいという方はALUGOをご検討下さい。

どれくらい英語力が必要?

英語がほとんど必要とされない環境もありますが、外資系企業は多くの場合、英語が必要です。必要とされるレベルは企業に異なりますが、TOEICで表すとだいたい700~800点代が募集要項として提示されることが多いようです。

ただ募集要項で提示されている点数より低いからといって諦めてはいけません。募集要項の点数はあくまで基準。点数より大事なのが、英語での会話力です。TOEICの点数は、社内外の英語のやり取りをスムーズに行うための知識があるかどうかを見るための参考材料ですので、面接で実際に話した際に英語での会話が問題なくできれば、採用される可能性は十分にあります。

ビジネス上で必要な英語力を身につけるためにやるべきこと

required-skills2

ビジネス上で英語をスムーズに利用するためには、最低限の英語の知識がないといけません。次のことを行い、最低限の英語の知識を身につけましょう。

英語の基礎知識をつける

まず最初に、いろいろな英単語を覚えることから始めましょう。英単語の意味がわからないと、英語を聞き取ることができても理解することができません。市販で売っている英語の単語帳を購入して覚えると良いでしょう。英単語はただ覚えるのではなく、意味を理解することを意識して覚えてください。

英単語を覚えるのと一緒に英語の文法も学びましょう。英語の会話をするのに文法は必要ないのではないか?と考える方もいるかもしれませんが、英語でのコミュニケーションを円滑に図りたいのであれば、文法を覚えることは必須です。文法を理解していないと、文章を頭の中でうまく組み立てらず、また聞いた言葉を正しく理解することができません。

文法を学ぶ際は、できれば例文等を声に出して読みましょう。話す練習をしなければ、英語は話せません。ただ参考書を読むだけではなく、しっかり発音することを意識することで成長するスピードが上がります。

実際に英語での会話をする

英語は覚えた(インプット)だけでは不十分です。覚えたことはアウトプットしないと、忘れてしまい意味がなくなってしまいます。そうならないようにするために必要なのが英語での会話です。先に申し上げたと通り、英語での会話は、外資系企業での業務を行う上で重要なスキルです。英会話教室、オンライン英会話などを利用し、英語を話す練習をしましょう。

短期間で英語を話せるようになりたいという方は、ぜひALUGOをご検討ください。ALUGOは最短2ヶ月で英語が話せるようになる30日間全額返金保証のビジネス英会話のトレーニングプログラムです。ご興味のある方はぜひご連絡ください。

2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、今後、外資系企業の日本への進出はますます活発化することでしょう。進出して日の浅い外資系企業は人材を募集しやすい状態にあると考えられるので、そこを狙って転職活動をしてみるのも良いかもしれません。

この記事をシェアする: