ALUGO BLOG

英語のプレゼンを成功させるために行うべき練習方法

Pocket

日本語のプレゼンと英語のプレゼンは求められるポイントが異なります。ここでは、英語のプレゼンを成功させるために行うべき練習方法についてご紹介します。

英語のプレゼンを成功させるために最低限押さえるべきポイント

presentation-practice1

英語のプレゼンでは下記のポイントを意識しましょう。

要点をわかりやすく話す

海外の方はわかりやすくシンプルなプレゼンを好みます。プレゼン資料は、言葉を少なく、画像を多く使用して視覚的にイメージしやすい内容にしてください。

プレゼンの話し方は、まわりくどい言い方になっていないか、専門用語を多用していないかなどを確認して、わかりやすくまとまっているかを意識して話してください。

身振り・手振りを加える

海外のプレゼンは日本のプレゼントは異なり、ほとんどの場合身振り手振りを使って話します。身振り手振りを加えることは、プレゼン内容をより視覚的にイメージさせる効果が期待できます。強調したい部分、変化をつけたい部分など状況に合わせて、身振り手振りを加えるとよいでしょう。

自信を持って話す

声が小さく、ボソボソ話す話し方ですと、どんなによいプレゼン資料を作成しても、聞き手に十分に伝わらず、多くの場合、失敗に終わってしまうでしょう。そうならないようにするためには、自信を持って話すことが重要です。たとえ、緊張して不安になっても、自信を持っているフリをして、堂々とプレゼンを行ってください。

慣れない英語のプレゼンは、多くの場合、英語を正しく発音することを意識が向いてしまいがちですが、第一は自信を持って大きな声で話すことです。多少発音があらくとも、聞き手には伝わります。優先順位を誤らないようにしましょう。

英語のプレゼンを成功させるための練習方法

presentation-practice2

次に英語のプレゼンのための練習方法をご紹介します。一つひとつは当たり前の内容ですが、プレゼンを成功させるためにはどれも必要な練習です。ぜひ試してください。

英語がうまい人のやり方を真似る

英語のプレゼンに限らず、仕事やスポーツなどさまざまなことにおいて、上手い人のやり方を真似ることは上達の近道です。英語のプレゼンで真似をするのにおすすめなのが、TEDのカンファレンス動画です。

TED(Technology Entertainment Design)とは、ビル・ゲイツやジミー・ウェールズなどあらゆる分野の著名人を講師として招いて毎年大規模なカンファレンスを開催している非営利団体です。このカンファレンスの動画は、インターネット上で無料で閲覧できます。どのような話し方が聞き手に伝わりやすいのか、どのように聞き手を巻き込んでいるのか、世界のさまざまな著名人のプレゼンを見て、参考にしたいと思ったものを真似するとよいでしょう。

また、TEDの動画を見る際、他にぜひ参考にして欲しいのがスライドの内容です。スライドの構成や画像や動画の使い方などは、プレゼンの見せ方を考える際の参考になるでしょう。

声に出して練習する

英語のプレゼンの練習をする際はできるだけ本番に近しい環境で、本番さながらに行いましょう。まずは環境作り。会議室など個別の部屋を使って、実際にスライドを開きながら練習しましょう。スライドを使わずに練習すると、話の流れとスライドがリンクしないケースが起こりえます。そのスライドで何を伝えたいのか、次のスライドにうつる際にどうつなげるかを考えながら練習するとよいでしょう。

プレゼンは緊張してしまうと、大きな声を出そうとしてもいつも以上に声が出ないものです。プレゼンの練習で本番同様の大きな声を出して、声を出すことに慣れておく必要があります。

第三者に見てもらう

声を出して練習して、ある程度英語のプレゼンに慣れてきたら、次は会社の同僚や上司など第三者に見てもらいましょう。きっと、自分ひとりでは考えもしなかった客観的な観点で課題を指摘してくれるはず。指摘された内容は真摯に受け止め、改善してより良いプレゼンにつなげましょう。他の人に見せるのは恥ずかしいと思いますが、プレゼン本番に大勢の知らない人の前で失敗して恥をかくより良いはずなので、我慢して行いましょう。

録音・録画して振り返る

ICレコーダーで録音したり、スマートフォンやビデオカメラで録画したりして、自分のプレゼンを振り返るのも効果的です。英語の発音がまだぎこちなかったり、身振り手振りの動作が思ったより小さかったり、表情がまだまだ硬かったりと、自分で出来ていたと思っていても、振り返ってみると意外とできていない点がさまざま見つかるでしょう。第三者に見せるのが恥ずかしければ、まずは自分で振り返って改善し、自信をつけた上で行っても良いかもしれません。

英語のプレゼンに向けた練習方法をご紹介しました。いずれの練習にしても、何度も何度も繰り返し練習する必要があります。プロの講師に英語の発音などを見てもらって短期で改善したいという方は、ぜひALUGOをご検討ください。最短2ヶ月で英語が話せるようになる30日間全額返金保証のビジネス英会話のトレーニングプログラムを行っています。

この記事をシェアする:
個別相談会