ALUGO BLOG

「たぶん」ではわからない! 確率をしっかり伝えるための必須フレーズ20選

Pocket

日本人は「たぶん」を使うことが得意であり大好きな国民です。 でも、これが外国人を混乱させる原因になることも少なくありません。 外国人との会議や商談、外国人上司や同僚との会話で、「たぶん」を意味する英語表現、例えば「Maybe」だけを使っていたのでは、あなたのメッセージが正確に伝わりません。 あなたの推定の度合いや可能性の確率を英語ではっきりと伝達したいものです。 今回は、曖昧表現についての文化の違い、確率の度合いを 伝える時に便利な英会話表現をご紹介します。

なぜ、日本人は「たぶん」を連発するの?

pablo-20 日本社会では、曖昧な表現が許容されます。 日本では、曖昧な表現の一方で、言葉によらないコミュニケーションが同時に進行し、それが補完的に作用します。 そして、聞き手がある程度の意味を汲み取ってくれます。 一方西洋では、話し手による明確な表現が求められ、聞き手が理解できない場合には、話し手の責任であると考えらます。 各国で異なりますが、言葉はコミュニケーションツールとして重要な役割を担っているのです。

これだけは覚えておきたい!確率を表す英語表現

英語では、確率毎に異なる表現が使われます。 これらをマスターし、一歩ネイテイブに近づいたコミュニケーションで会話を広げましょう。
100% 確実である場合には、certainly
90% 確実である場合には、 almost certainly
80% 確実である場合には、most likely
70% 確実である場合には、probably
60% 確実である場合には、likely
50% 確実である場合には、maybe, perhaps
40% 確実である場合には、likely not
30% 確実である場合には、probably not
20% 確実である場合には、most likely not
10% 確実である場合には、almost certainly not
 0% 確実である場合には、certainly not

確率を表す便利な英会話表現

ビジネスや日常会話でよく使われる表現を簡単な文法と一緒にご紹介します。

will perhaps : Will の次に副詞類が続きます。

The recession in the UK will perhaps affect sales across Europe. (英国の不況は、ヨーロッパにおける販売にたぶん影響するだろう。)

probably won’t : 副詞類の次にwon’t が続きます。

The euro’s strength probably won’t continue beyond March in 2018. (ユーロの強さは、2018年3月を過ぎてからはたぶん継続しないだろう。)

Be動詞・・・toの構文

The French recession is (un)likely to affect sales across Europe. (フランスの不況は、ヨーロッパの販売にたぶん影響するだろう。)
The UK is certain to exit EU in 2020. (英国は、2020年にヨーロッパ共同体から脱退する。)
Manchester United is bound to win the title of league cup in 2018. (マンチェスター・ユナイテッドは、2018にリーグカップで優勝することになっている。)
President Trump is expected to visit the UK. (トランプ大統領は、英国を訪問することが期待されている。)

It’s …..that ….will……の構文

It’s (un)likely that our final salary pension will decrease in three years. (私達の年金は、3年後にたぶん減額されるだろう。)
It’s probable that the Japanese government will provide voucher for gyms. (日本政府は、ジムの割引券をたぶん提供するだろう。)
It’s certain that Japanese sake will be a big hit in Canada next year. (日本酒は、来年カナダで確実にヒットするだろう。)

最後に

確率を伝えるための英会話表現をご紹介しましたが、いかがでしたか。 確率を具体的に表現することで、お互いのコミュニケーションが円滑となり、ビジネス交渉や会議の効率性に必ず貢献できるようになります。 英語で具体的に示すことは、逆に自分の考えを確認する機会ともなり、相手の質問にも丁寧に応じることができるようになるでしょう。 ぜひ、トライしてみて下さい。
この記事をシェアする: