ALUGO BLOG

仕事で英語を使うビジネスマンが文法を学ぶべき4つの理由

Pocket

www.business-spotlight.de

www.business-spotlight.de

英会話のコツを他人に聞いたことはありますでしょうか?

英会話が得意な人こそ「英会話は感覚やノリでなんとかなる」といったアドバイスをすることはよくあると思われます。
確かに、日常的なコミュニケーションでは省略を用いた会話や単語単位での返答は有効です。また、先天的に英会話の能力を身につけているネイティブや帰国子女にとっては英会話は感覚的なものに過ぎないでしょう。

alugo-pic6

しかし、後天的に英会話を身につけようとしているノンネイティブにとっては英文法の学習はスキルアップにおける重要なキーポイントであると同時に、避けては通れない道であります。
多くの人にとって英会話における文法学習は盲点となりがちですが、それをしっかりとすることで得られる効果は非常に大きいです。
今回はグローバルで活躍をしたいビジネスマンに焦点を当て、英文法学習が必要な4つの理由を紹介したいと思います。

1.上達のためには発話力と文法力を同時に鍛えるべき

スピーキング能力を向上させる際には、文法という理論と実際に話してみるという実践の2つを組み合わることがポイントとなります。
ゴルフを修得する際のことを思い浮かべてみて下さい。”正しい姿勢”や”スウィングの際のコツ”を理論として専門書やコーチから学ぶと同時に、それを実際に試して自分のものにしていきます。上達のためには理論と実践の2つのサイクルを同時に回していくことが大事になります。
英会話学習も同じです。英会話における英文法は理論であり、学んだことを実際の英会話で用いることで習得されます。ただ単に英会話をしているだけでは、ある程度の成長は望めても、それ以上に到達することは難しいでしょう。

shutterstock_407325712-2

2.基礎英文法をマスターすることでたくさんの単語が使える

英文法を学ぶことは、自分が知っている単語を更に活かすためにも有効です。 スピーキング能力を定量的に測る指標の一つとして“知っている単語数”×”使える英文法”という考え方が有効です。
料理で例えるならば単語数は材料であり、英文法は調理法に等しいです。材料は豊富にあるものの何の調理法も知らなければ、せっかくの材料もその良さを生かすことは出来ません。一方で、調理法をたくさん知っているが材料が何も無い状態では、その技術は無用の長物に過ぎません。
つまり、材料と調理法は共に表裏一体であり、どちらかが欠けていてはその強みを活かすことは出来ないのです。単語と英文法の勉強はどちらか片方のみに意識を集中させがちですが、単語と英文法の両方を結びつけて学習するよう心掛けて学ぶようにして下さい。

shutterstock_208422298

3.正しい文法を使って喋ると、対話の情報量を増やせる

文法を使いこなすことで表現の幅や伝達の精度が上がる!

文法を使いこなせると、細かなニュアンスを英文で表現することが可能となります。現在完了形を用いることで「継続」、「経験」、「完了」の3つの意味を含ませることが出来ます。これら3つの表現は現在完了に特有で、 他の代替表現を用いてそのニュアンスを伝えることは非常に難しいです。同様に、比較表現を使わずにそのニュアンスを伝えることもまた至難の技です。英文法を学ぶことで、会話をする際に出てくる細かなニュアンスの違いを正確に相手に伝えることが出来ます。

相手とスムーズなやり取りで円滑なコミュニケーションを取れる

文法を使いこなせるということは自分にとってだけでなく、相手にとっても大きなメリットがあります。英文法が的確に使われた文においては、そうでない文に比べ情報量が格段に増えます。ビジネスマンは限られたわずかな時間で相手と交渉を行わなければなりません。相手から可能な限り多くの情報を引き出し、自分の主張を伝える必要があります。文法力の向上は会話の質の向上に直結し、会話がより有意義となることでしょう。文法力を向上させることでより多くのビジネスチャンスを得られるようにしてみて下さい。

shutterstock_431329126

4.英文法を学ぶと”リーディング”や”ライティング”のスキルも伸びる

“巧みに英語を使いこなすビジネスマン”と聞くと、流暢な英語で取引先と商談をしている姿を思い浮かべるかもしれません。しかしながら、グローバルで活躍するビジネスマンには幅広い英語のスキルが日常的に要求されます。競合他社や取引先企業の情報を得るためには、英語で資料を読む必要があります。また、取引先の会社と連絡を取る際にはメールによるやり取りはつきものです。このように、日常の業務においては”リーティング”や”ライティング”などの幅広いスキルが求められます。 スピーキング能力向上を目的に行った英文法学習は、広い意味での英語学習に繋がります。そのため、英文法を学ぶことから得られるその効果は非常に大きいものとなります。

shutterstock_318680840

だから喋れる!英文法も学べる英会話サービスALUGOとは

英会話学習において盲点となりがちな英文法学習ですが、その重要性は非常に大きなウェイトを占めています。
英会話サービスALUGOでは文法と英会話を合わせて学べるような学習教材を提供しております
。詳しくはこちらをご覧下さい。

関連記事:「グルーバルで活躍するために必須な13のビジネス英語スキルとは?ALUGOアセスメント徹底解剖」

この記事をシェアする: