無料カウンセリング
を申し込む
無料英語力診断はこちら 無料カウンセリングを申し込む
ALUGO BLOG

独学で英会話を勉強するコツをご案内!

Pocket

英会話学習に限らず、独学の勉強はとても大変です。
人それぞれ自分に合った学習法で勉強するのが一番ですが、独学でも効率よく、効果的な学習法で勉強すれば、スピーキング力の上達も十分可能です。本日は英語の自己学習法をご案内します。ぜひ参考にしてみて下さい。

英会話は独学で勉強できるか

英会話を独学で勉強している方も多いと思います。学習の目的は人それぞれですが、英会話学校に通うにはお金や時間の制約があったり、ご自宅の近くに英会話学校がない方もいらっしゃいます。学生であれば、将来に備えて、まずは独学で英会話を勉強している人も少なくありません。
自己学習の方法は様々で、書店に行って英会話の本を買って、空いてる時間に読んだり、インターネットやスマホの英語学習アプリを使って学習するのが一般的です。受験勉強の時に使用した単語帳をひたすら暗記するのも良いですが、それだけではスピーキング力の上達は、効果が限られてしまいます。

英語上達のカギはOutputとInput

従来の資格試験や学校の勉強は、目的もゴールも明確なので、成果はきちんと試験結果に反映されますが、英会話の学習は実際に会話を実践してみないと、確認が困難です。
継続して学習する為には、実際に発話するOutputの機会を設け、上達実感を感じながら、ゴールと現在地のギャップを埋めていく作業が必要不可欠です。その作業を高速でPDCAが回せれば回せるほど、英会話の上達は早くなります。
Output(発話の機会)を多く設ければ設けるほど、Input(単語や文法の学習)の重要性にも気が付きます。

自己学習には音読が欠かせない

自己学習で英語を勉強するには、目的を持ち、ゴールの設定をするだけでなく、学習した知識を活かすべく、実際に発話の機会を持ち、学習に取り組む事が大事です。
文法や単語をひたすら覚えるだけではスピーキングは上達しません。その反対に、文法や単語の知識がなければ発話はできるようになりません。さらに相手が何を話しているか、聞き取れなければ発話内容の理解は進みません。
独学で英会話を学習すると、手軽に学習ができる文法や単語の暗記に偏ってしまう傾向がありますが、英語をツールとして使かった時の楽しさを実感できないと、せっかく自己学習をスタートしても、モチベーションの維持が難しくなり、途中で挫折してしまいます。
スピーキングの上達にOutputとInputが必要不可欠なように、効果的な英語学習もOutputとInputの両面を意識することが大事です。

学習法・英語学習に関する知識を深めましょう

英語は言語なので、本来はコミュニケーションの為に存在しています。「学ぶ」だけではなく、自分の言いたいことを「話す」、「伝える」為の道具です。
現代では知識を得る為に、すばらしい書籍やWEBサイトが巷には、山のように溢れています。そのほかにも、実際のネイティブスピーカーが使う英語など、SNSやブログなどを見て「使えるフレーズ」を、Input知識としてどんどん頭に入れて下さい。知識が多くても、困る事はありません。
英語のドラマや映画、ラジオ番組を聞いて、学習の楽しさを取り入れながら少しずつ、耳を慣らしていきましょう。最初は簡単なレベルの音声からはじめることをおすすめします。はじめに1回で全て聞き取れなくても、字幕を確認しながら何回も繰り返し聞いていくと、耳は自然と慣れてきて、聞き取れるようになります。

実践の場とシャドーイングが大事

学習した事を成果に繋げるにはやはり実践の場が必要です。
海外旅行や海外出張に行く機会がなかったり、ネイティブの知り合いがいないと、なかなか普段の日常生活の場では、発話の機会を得ることは難しいです。
しかし、必ずしも発話練習の相手がいなくても、会話を想定して口に出してみるだけでも違います。 例えば、思ったことを頭の中で英文にして瞬時に口に出してみましょう。文法や三人称などあれこれ考えないで言葉にして出す、いわゆる「瞬間口頭英作文」です。
実際の会話のシチュエーションでは、考えている時間はなく、クイックレスポンスが求められます。上手く言えなかった英文をリストアップして、文法書などで学習しなおしながら、知識として蓄え、繰り返し学習します。

シャドーイングでも成果をセルフチェックできます。好きな映画やドラマ、YouTubeなどご自身が興味関心がある分野の動画などを見ながら、ネイティブスピーカーの発話をマネします。最初は短いフレーズを何回も聞いて、マネをしながら口に出してみて下さい。
リズムや単語の繋がりを理解することができ、流暢な英語を習得できます。
慣れてきたら字幕なしでシャドーイングしましょう。知識がなければ音としてしか聞こえませんが、知識があれば音と知識が繋がり、繰り返し聞くことで、正しい意味理解ができます。
訪日外国人に話しかけてみるのも、英語の知識を成果に繋げる一つの方法です。

まとめ

英語はコミュニケーションのツールなので、相手と実際に会話をしてスピーキングを練習するのが一番ですが、独学でも「瞬間英作文」や「シャドーイング」など活用しながら、自己学習できます。 そこで足りなかった部分や知識を蓄えていき、OutputとInputを意識しながらバランスよく継続して学習することで、効率的にスピーキングを上達できます。

______________________________
一度ALUGOの無料カウンセリングを受けてみませんか?
遠方やお忙しい方にはお電話でのご案内も対応しています。
ご予約フォームからご予約ください。
この記事をシェアする: