ALUGO BLOG

海外転職したい人必見!英文履歴書の書き方とコツ その2:職務経歴を書くポイントと日本の履歴書との違い~

Pocket

ある程度、英語が得意な人でも、いざ書式の定まっていない英文履歴書を書くとなると、何を指針にしたらよいか迷ってしまうものではないでしょうか。
英文履歴書の書き方のコツその1では英文履歴書で最も重要とされる、自己アピール欄を書くポイントについてご紹介しました。今回の記事では、職務経歴の書き方のコツと、日本の履歴書にはない項目について詳しくお話します。
例文を参考にして、自分用にカスタマイズされた完璧な英文履歴書を完成させてくださいね。

職務経歴欄では実績をしっかり主張!

英文履歴書において、Personal Profile Statement(自己アピール欄)の次に重要視されるのがWork Experience(職務経歴)です。
新卒で応募する場合を除き、自分が経験してきた仕事内容や実績について詳しく書きましょう。控えめな表現は避け、出来るだけ具体的な数字を示しつつ、自分の長所や強みを存分にアピールするよう心掛けてください。

また、英文履歴書の書き方のコツその1の記事でも触れましたが、中には最新の職務経歴と自己アピール欄しか見ない採用担当者もいます。そのため、直近の職務内容や応募する職種に近い職歴に関しては、特に丁寧に書きましょう。

ポイント1.最新の勤務先からリストアップ

職務経歴は、最新のものから古いものへと順番に書いていくChronological CV(年代順CV)が一般的です。比較的、転職回数の少ない日本人にはこのスタイルがおすすめです。

経験した分野が多岐に渡ったり、転職を繰り返していたりする人には、実績やスキルにのみ的を絞ったTarget CV(ターゲットCV)や、責任分野や達成率などの業績に注目したFunctional CV(職務別CV)なども適しています。

会社名の英語表記はホームページの企業情報などで確認し、所属部署や役職の正式名称も調べておきましょう。自分の名刺に英語表記のない場合は、英語版の会社組織図などを入手するのもひとつの方法です。

例文

本記事では、最もポピュラーなChronological CV(年代順CV)を例文として紹介します。

同じ会社のひとつの部署に長く在籍している場合、業務内容に大きな変化がなければ、職務経歴をまとめてしまっても問題ありません。
April 2012 – Present
ABC Co., Ltd. Sales Department
Sales Representative

2012年4月~現在
ABC株式会社 営業部
営業担当
同じ会社内でも配属先が数年ごとに変わっている人は、所属部署によって担当業務も変わってきます。その場合は、職務経歴も分けて記すようにしましょう。
April 2015 – Present
ABC Co., Ltd. Communication Department
Public Relations Representative


2015年4月~現在
ABC株式会社 広報部
広報担当
April 2010 – March 2015
ABC Co., Ltd. Sales Department
Sales Representative


2010年4月~2015年3月
ABC株式会社 営業部
営業担当
異なる勤務先や地域で就業した経験がある場合は、会社名のあとに所在地を明記することもあります。担当部署や役職の書式もさまざまです。
DEF Co., Ltd. (Tokyo)
April 2015 – Present
Public relations representative in Communication Department for external communication.


DEF株式会社(東京)
2015年4月~現在
広報部における社外広報の広報担当者。
ABC, Inc. (Nagoya) April 2010 – March 2015 Sales executive in Business Promotion Department for overseas sales.

ABC株式会社(名古屋)
2010年4月~2015年3月
営業推進部における海外営業の営業部員。

ポイント2.実績はしっかり主張する

職務経歴欄では職務の内容や詳細はもちろんのこと、自分の実績は明確にし、しっかり主張することが重要です。たとえチームで達成した業績であっても、自分がどのように貢献したかをアピールしましょう。英語で文章を構成にすることが苦手な人は、箇条書きにしても良いでしょう。英語表現で気を付けるべき点として、自己アピール欄とは異なり、職務経歴欄での主語は一人称の”I”で表記することはありません。自身の職務経歴なので、主語が自分であることは最初から明確なためです。テクニックとしては職務自体を主語に持ってきたり、主語を省いて動詞をメインにもってきたりすることで、自分が主体的に働いたことが示せます。また、意識して動作動詞(Action Verb)を使うと、ポジティブな印象を与えつつ、よりインパクトのある表現になるので、是非活用してみてください。

職務内容の英語表現

  • Responsibility:責任、責務
  • Duty:職務、任務
  • Task:仕事、課された務め
  • Achievement: 成果、業績、功績
  • Result:結果、成果、成績

動作動詞

  • Plan:計画する、企画する
  • Organize:計画する、企画する
  • Coordinate:調整する、まとめる
  • Deliver:実現させる、業務を遂行する
  • Enhance:高める、強化する、増進する
  • Launch:着手する、立ち上げる
  • Achieve:達成する、成し遂げる
  • Build a relationship:関係を築く
  • Communicate:情報交換をする、お互いに理解する
  • Contribute:貢献する、寄与する
  • Ensure:確保する、確実にする
  • Manage:管理する、統率する、世話をする
  • Direct:指導する、指揮する
  • Supervised:監督する、指揮する、管理する
  • Handle:対処する、処理する、扱う、担当する
  • Provide:提供する、もたらす
  • Arrange:用意する、準備する
  • Operate:操作する、運営する
  • Analyze:分析する、解析する
  • Develop:開発する、発展させる
  • Assist:手助けする、力を貸す
  • Support:支える、後押しする

例文

As a manager of sales team of 12 members, key responsibility is to train team members and suggest strategic approach to achieve monthly goals.
12人の営業部の部長としての重要な責務は、チームメンバーの育成や月間目標を達成するための戦略的なアプローチの提案です。

Arranging and delivering actively engaged training program to enhance understanding in each areas and giving guidance for self-studying.
積極的に参加できる、各分野への理解を深めるための研修プログラムを用意・提供し、自習指導も行っています。

Working close with top executives and related departments, the main duty was to communicate externally and build a firm relationship with press, writers, and media.
経営層や関連部門と緊密に連携し、社外との情報交換やマスコミ、記者、メディアとの確固たる関係を築くことが主な職務でした。

In charge of designing packages for dairy products, tasks include providing design plans for ordinary and seasonal products, conducting market research and organizing design workshop as part of company’s philanthropy program.
乳製品のパッケージ設計担当の仕事として、通常および季節商品のデザイン案の提供、市場調査、自社の慈善事業の一環としてのデザイン・ワークショップの企画などが含まれます。
Assist customers with check-in/check-out, handle various inquiries, provide information and support in English for foreign customers and communicate with visitors to ensure effective customer support as a hotel front desk clerk.
ホテルのフロントデスクの受付係として、チェックイン/チェックアウトのお手伝いやさまざまなお問合せへの対応、外国人のお客様への英語による情報提供やサポート、効果的な顧客サポートを提供するために来訪者とのコミュニケーションをとることを行っています。
Responsibilities:
  • Operate high-performance liquid chromatography (HPLC) apparatus
  • Analyze protein types included in raw materials
  • Review results and data to suggest prospective methods for new product developing
職務:
  • 高速液体クロマトグラフィー(HPLC)装置の操作
  • 原材料に含まれるタンパク質の種類の分析
  • 結果とデータを考察し、新製品開発のための将来の手法を提案
Achievements:
  • Played a key role in participating Japan New Product Design Competition (2016) and contributed to receive the Best Design Award 2016.
  • Developed an effective step-by-step process for internal design selection, resulted in reducing average of 10 days’ time required for decision making throughout the whole process.
  • Launched a working group for non-dairy product package design.
業績:
  • 日本新規デザイン大会(2016)へ参加した際に重要な役割を果たし、2016年ベストデザイン賞の受賞に貢献した。
  • 社内デザイン決定のための効果的な段階的プロセスを開発し、全プロセスを通して意思決定に要する時間を平均10日削減する結果をもたらした。
  • 乳成分を含まない製品のパッケージ設計の作業部会を立ち上げた。
Results:
  • Contributed to a 130% sales growth for international sales in 2015.
  • Tripled the number of business partners in Asia region from 2010-2015 as a result of new business development.
成果:
  • 2015年に海外向け販売での130%の売上成長に貢献した。
  • 新規事業開拓の結果として、2010年から2015年の間でアジア地域の取引先数を3倍にした。

日本の履歴書との違いを知っておこう!

これまでの項目で、英文履歴書の書き方は日本の履歴書とは大きく違うことがお判りいただけたのではないでしょうか。 さて、既にご紹介したPersonal Profile Statement(自己アピール欄)とWork Experience(職務経歴)以外にも、英語で書く履歴書には違いがたくさんあります。そこでここでは、いくつか代表的なものを紹介し、学歴や資格欄、住所や連絡先の記載方法についても触れます。

ボランティア活動

海外、特に欧米ではボランティア活動経験(Volunteering Experience/Volunteer Work Experience)の有無は重要です。日本では災害が発生したときなどには募金するのが一般的ですが、海外では日頃から奉仕活動に参加している人が多いのが特徴です。そのため、履歴書でも人柄を知るために、ボランティア活動経験をしっかり見る担当者もいます。 ボランティア活動と一口に言っても、その範囲は幅広く、善意で参加するものや無給で活動しているものはすべて含まれます。例としては、企業活動の一環として勤務時間外に参加している地域清掃や、住んでいる街の自治会での活動、参加費がNPOやNGOの活動費用として寄付されるチャリティーマラソンなどが挙げられます。

例文

2015 – 2016
Member of neighborhood association, took part in monthly community activities.

2015年~2016年
町内会の一員として月毎の自治会活動に参加。
2013 – 2014: Volunteered as assistant at Post-3/11 Support Activities in ABC Co., Ltd (Tokyo, Japan).
2013年~2014年
ABC株式会社(東京、日本)における東日本大震災復興支援活動のアシスタントとしてボランティア活動を行った。

2014: Participated in Tokyo Charity Marathon 2014.
2014年:東京チャリティーマラソン2014に参加。

個人情報

欧米ではお金の話題に触れることを好まず、履歴書に希望給与などは記載しないと言われることもありますが、アジア圏では履歴書に希望条件をしっかり明示することが一般的です。

アジア圏での就職を視野に入れている場合、Personal Detailsと呼ばれる個人情報欄に宗教や国籍、旅券番号、就労/滞在ビザや永住権の有無、最終給与や希望給与などを記載しておくとをおすすめします。

滞在ビザや永住権を保有している人は、採用企業側でビザを新規取得しなくて済むため、採用時に優位にはたらくことがあります。ビザの有無や給与は交渉材料のひとつでもあるため、自分の状況に合わせて書きましょう。給与に関しては、現地通貨で記載するのが親切でしょう。

日本人は特に宗教を持たない場合が多いですが、異なる民族や異なる宗教を信仰する国民で構成されている多様性のある国では、休暇取得など異文化への配慮がなされるため、宗教に触れておくと良い場合もあります。

生年月日や性別に関しても欧米向けには記載しないことが多いですが、アジア圏では記入することが一般的です。アジア人の名前は海外では馴染みがなく、氏名だけでは性別の判別がつきにくいという点が背景にあるようです。

また、公共交通機関の発達していない国や地域では車移動が必須となり、運転免許の有無や自家用車通勤が可能かどうかを記載することもあります。

日本の運転免許証がある人は国際運転免許証を取得し、海外で運転することが可能です。ただし、国際運転免許証で運転可能な国や地域はジュネーブ条約加盟国と決まっていますので、就業希望する国が該当するか警視庁のホームページで確認しておくと良いでしょう。

例文

Personal Details
Nationality: Japanese
Passport No.: TK1234567
Date of Birth: January 19, 1986
Gender: Female
Religion: Non-religion
Health Condition: Good
Last drawn salary: SGD3,200
Expected Salary: SGD3,600~


個人情報
国籍:日本
旅券番号:TK1234567
生年月日:1986年1月19日
性別:女
宗教:無宗教
健康状態:良好
最終給与:3,200シンガポールドル
希望給与:3,600シンガポールドル~
日本で普通運転免許を持っている場合、1st Grade Japanese Driver’s Licenseと表記します。ジュネーブ条約加盟国では国際免許証の車両区分Class Bに相当します。
Driving License: Possess Class B International Driving License
Own Transportation: N/A
運転免許:国際免許 車両区分B保持
自家用車:該当なし

学歴

学歴を記入するEducationやEducation Backgroundのセクションは、職務経歴と同様に最新順に記載します。日本の履歴書のように入学と卒業年度を書く必要はなく、在籍期間を記入するスタイルや学位取得をした大学名と年度だけを記入するシンプルなものもあります。

最終学歴だけ簡単に記入する人もいますが、学部と大学院で取得学位の分野が異なる場合や留学経験があるケースでは、高等教育機関だけに絞って記載しましょう。

学校名はもちろんのこと、専攻や取得した学位の英語正式表記がわからない場合は、出身校から英文の卒業/修了証明書や成績証明書を取り寄せて調べておきましょう。海外就業にあたり、就労ビザを取得する際には滞在国の政府機関に英文卒業/修了証明書の提出が求められるので、準備段階で用意しておいても無駄にはなりません。

また、海外出身者を採用する場合、学校名だけではどこで受けた教育かわからないことが多いため、所在地の都道府県/州や国名を明記しておくことも忘れずに行ってください。

例文

Education Background
February 2015 – August 2015
University of ABC, Faculty of Education
Department of Education (New South Wales, Australia)
Graduate Diploma of English Teaching (2015)
April 2008 – March 2010
DEF University, Graduate School of Education
Department of Education (Tokyo, Japan)
Master of Education (2010)
April 2004 – March 2008
GHI University, Faculty of Engineering,
Department of Chemical Engineering (Osaka, Japan)
Bachelor of Engineering (2008)

学歴
2015年2月~2015年8月
ABC大学 教育学部教育学科(ニューサウスウェールズ州、オーストラリア)
准学士号(英語教育)取得(2015年)
2008年4月~2010年3月
DEF大学 大学院教育学部教育研究科(東京、日本)
修士号(教育)取得(2010年)
2004年4月~2008年3月
GHI大学 工学部化学工学科(大阪、日本)
学士号(工学)取得(2008年)
Education
Graduate Diploma of English Teaching, University of ABC, New South Wales (2015)
Master’s Degree in Education, DEF University, Tokyo (2010)
Bachelor’s Degree in Engineering, GHI University, Osaka (2008)

学歴
准学士号(英語教育)取得、ABC大学、ニューサウスウェールズ州(2015年)
修士号(教育)取得、DEF大学、東京(2010年)
学士号(工学)取得、GHI大学、大阪(2008年)

資格

資格(Qualifications)欄には、応募する職種に関連する資格や語学に関するものを記載しましょう。日本の履歴書のように保有資格を全て記入する必要はありません。資格取得年度は最新順でリストアップしましょう。

例文

Qualifications
TOEIC: Score 565 (2016)
Hazardous Materials Engineer’s License: Class A (2015)
Quality Control Test in Japanese Standard Association: 3rd grade (2013)
Society for Testing English Proficiency (STEP): 2nd grade (2010)

資格
TOEIC:スコア565(2016年)
危険物取扱者甲種(2015年)
品質管理検定3級(2013年)
実用英語技能検定2級(2010年)
Qualifications
2016/TOEIC: Score 765
2015/TOEFL iBT: Score 80
2010/Society for Testing English Proficiency (STEP): Pre-1st grade

資格
2016年/TOEIC:スコア765
2015年/TOEFL iBT:スコア80
2010年/実用英語技能検定準1級

連絡先

日本の履歴書でも冒頭に氏名や連絡先を書きますが、英文履歴書でも同様でPersonal Informationと呼ばれる連絡先項目を一番目立つ先頭に記載します。ただ、住所や電話番号の表記の仕方を海外向けにする必要があるので、最後に触れておきたいと思います。

氏名は大きなフォントで中央に書き、Mr.やMs.などの敬称は要りません。住所の書き方は市町村名はそのまま書くこと(都道府県名を省略する場合もあります)に気を付けてください。番地から書くので日本語とは逆の並び順になり、最後に国名も記載します。また、電話番号は国番号(+81)を頭に付け、市外局番や携帯番号の最初の0を外して記載することを忘れずに!

例文

顔写真を載せないPersonal Informationの例を挙げます。
KATO KEN
1-1 Ichibancho, Chiyoda-ku, Tokyo, 1020082 JAPAN
TEL: (+81)-3-2456-7890 / E-mail: katoken@email.com


加藤健
〒102-0082東京都千代田区一番町1-1
電話番号:03-2456-7890/メールアドレス:katoken@email.com

次は顔写真を入れ、少しアレンジした例を紹介します。
1-1-1 Shibuya
Shibuyaku, Tokyo
1500002, JAPAN
Phone: (+81)-90-1234-5678
E-mail: kumitanaka@email.com


顔写真
田中久美 〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-1-1
電話:090-1234-5678
メールアドレス:kumitanaka@email.com

まとめ

いかがでしたでしょうか。海外では、長い人生のなかで2回、3回と転職を繰り返してキャリアアップしていくことが多く、最近では日本でも同様なスタイルが珍しくなくなってきました。
英文履歴書は、海外就業を考え始めた段階で準備しておき、いつ提出を求められても慌てないようにしておきましょう。
この記事をシェアする: