ALUGO BLOG

英会話の個人レッスンってどんなもの?メリット・デメリットとは

Pocket

英会話を学ぶ方法のひとつに、講師と生徒が一対一で行う個人レッスンがあります。個人レッスンを受けようか迷っている人は、どんなことを行うのか不安や心配があるかもしれません。英会話の個人レッスンとはどんなものなのでしょうか? また、どんな人に個人レッスンが向いているのでしょうか。数人で行うグループレッスンとの違いや、個人レッスンを受けるメリット・デメリットなど、英会話の個人レッスンについてまとめてみました。

英会話の個人レッスンとは?

講師と生徒が一対一で行うことで、しっかり英会話を修得できるのが個人レッスンです。講師が個人的に生徒を募集することもありますし、多くの英会話教室では個人レッスンのプログラムを用意しています。対面のほか、最近ではオンラインでの個人レッスンもあるようです。

グループレッスンとの違い

グループレッスンの場合、他の生徒の英語レベルや文法の知識、話したいトピックが、自分と同じとは限りません。講師はそれぞれの生徒が平均的に学習できるよう、幅広く指導を行います。個人レッスンの場合は、あくまで自分のペースに合わせて進めていくことになります。

英会話の個人レッスンのメリット

  • 時間を効率よく使える
  • グループレッスンと比べ、個人レッスンでは他の生徒の英会話レベルに合わせる必要がないため、自分が既に分かっていることに時間を使う必要がありません。講師は生徒(自分)の理解度を把握してくれるので、分からないところを重点的に教えてもらえます。自分に合わせたレッスンを受けられるので、たとえ時間がかかったとしても、本当に理解できるまでしっかりと学ぶことができるでしょう。自分の理解度に合わせた個人レッスンは、時間を有効に使え、密度の濃い学習時間を確保できるといえます。
  • レッスンの希望を伝えることができる
  • レッスンの時間や進め方について、希望がある人もいるでしょう。個人レッスンの時間は自分一人のためだけに使えるので、講師は生徒の希望に沿ったレッスンを行うことができます。もちろん、希望の内容にもよりますが、グループレッスンに比べると柔軟に対応してくれる可能性が高いです。教材についても自分に合ったものが利用できるでしょう。
  • 人の目を気にせず学習できる
  • グループレッスンだと、どうしても他の生徒と比べて自分の英会話レベル劣等感を持ってしまったり、逆に優越感を覚えたりすることがあるかもしれません。「自分だけレッスンについていけていない」と感じ、つい、分からないのに知ったかぶりをしたり、自分がわかっていることを何度も学習することにもどかしさを感じたりすることもあるかもしれません。個人レッスンであれば、他人の目を気にせず、英会話学習に集中できます。
  • 講師や担当カウンセラーと二人三脚で学習できる
  • たった一人で英会話学習を頑張ろうとしても、自分を律することができず、途中で挫折した経験のある人も多いでしょう。個人レッスンの場合は、講師や担当カウンセラーに日々の学習の進捗を管理してもらうことができ、継続的にレッスンを進めることができるので安心です。

    英会話の個人レッスンのデメリット

  • やる気が出るかは相性次第
  • 講師と生徒の相性は、英会話学習をスムーズに進めるためにも大切な要素です。特に一対一の場合は、お互いの相性が悪いと学習に差し障りがあるかもしれません。
  • 費用が高くつく
  • 個人の英会話レッスンは、一人の生徒が講師を一定時間独占するわけですから、グループレッスンと比べるとどうしても費用は割高になる傾向があります。

まとめ

英会話レッスンの時間をみんなでわいわいと楽しみたい、生徒同士の交流を深めながら学びたい、一緒に学ぶ人がいる方がやる気が出る、という人は、個人レッスンよりもグループレッスンが向いているでしょう。個人レッスンは、一人で集中して、しっかりと英会話の実力をつけたい人、時間がたくさん取れず、とにかく効率よく早く学びたい人、という強い意志や目的意識を持っている人におすすめします。
この記事をシェアする: