ALUGO BLOG

ビジネス英語勉強法・日ごろからできる効果的な勉強法とは?

Pocket

社会のグローバル化が進む現代、仕事においても英語を使わなければならない機会が増えてきています。日本語でも、仕事と日常生活とでは言葉づかいが違うように、ビジネス英語も学校や英会話教室で習う英語とは異なることがあります。そもそもビジネス英語とは何なのか、どのような勉強法が効果的なのか見ていきましょう。

ビジネス英語とは?

ビジネス英語とは、金融、貿易、保険など、さまざまな業界のビジネスシーンで使われる英語を指します。ビジネス英語には、オフィス内外での会話ももちろん当てはまりますが、メールを書いたりプレゼンをしたり、ただ「話す」だけではない要素も含まれています。

ビジネス英語に求められるもの

日本語では主語をはっきりさせなかったり、動詞を省いて相手に解釈させたりすることがあります。さらに、言語の面だけではなく、コミュニケーションのスタイルについても、「空気を読む」ことが特徴としてあげられます。 一方で、英語は率直に主語と動詞を明確にすることがほとんどで、英語と日本語では文の組み立て方自体が違います。では、ビジネスの場面で使う英語ではどのようなことが求められるのでしょうか。

伝えたいことをはっきりと

日本語ではビジネスの場面でも、はっきりと目的から述べずに、言葉を濁しながら意図を汲んでもらおうとすることがあるのではないでしょうか。しかし、特にビジネスの場面で用いる英語では、はっきりと会話のなかで何が目的で、何をしてほしいのか伝わるように話すことが大切です。そのように話さないと「この人は自分が何をすべきかわかっていないのか?」「この人と話しても時間の無駄」と思われてしまうこともあります。 日本という文化の中での感覚では、目上の人やクライアントに対してはっきりとものを言うことは、恥ずかしかったり気が引けてしまったりすることがあるでしょう。しかし、ビジネス英語ではそこがとても大切なのです。英語では何事もあいまいにせず、率直に意見を伝えるように心がけましょう。それができるようになると英語圏でのビジネスもスムーズにこなすことができるようになるでしょう。英語圏において「仕事ができる人」になるためには、自分の意見をはっきり伝えることが大切なのです。

複雑でない文法

「ビジネスシーンでは日常会話よりも複雑な英語を使わなければならないのでは?」と不安を感じる方もいるでしょう。しかし実際には、ビジネス英語だからと言って、難しい文法や単語を使うことは決してありません。むしろ、ビジネス英語では誰にでもわかるような、簡潔でわかりやすい英語を使うことが大切です。 特に、メールの文面やプレゼン資料など「書き物」では注意が必要です。ビジネス英語では、相手の時間をなるべく取らずにわかりやすく伝えることが大切です。例えば「使う」という動詞には”utilize”と“use”の2種類があります。受験の英作文や学術論文では”utilize”を使う方がいいかもしれません。ですが、ビジネス英語では簡単な”use”でいいのです。 難しい言葉を使ってはいけないわけではありません。しかし、日本語でも日常で使わないような四字熟語をやたらと使う人を「ちょっとこの人やりすぎ」と思うのと同様、やたらと難しい単語を連発すると、英語でも同じような印象を与えてしまうことがあるのです。

日ごろから始められる勉強方法

このようにビジネス英語は、受験勉強の英語と違うところがあります。そのため、勉強方法もビジネス英語に特化したものにする必要があります。 まず、ビジネス英語に耳を慣らすという目的では、”TED Talks”で自分が勤める業界の人のスピーチを聞いてみてください。TED Talksとは、業界人が自身の経験やスキルを元にプレゼンを行っている様子を、YouTubeで無料閲覧できるサービスです。もちろん、最初からすべて聞き取ることはできませんし、聞き取る必要もありません。通勤時の電車のなかで、音楽を聞く感覚で聞き流してください。 言葉というものは、耳を慣らすと自然と聞こえるようになってくるものです。耳をビジネス英語に慣らすことで、今まであまり聞き取れなかったネイティブの方の発言も、少しずつ聞き取れるようになるはずです。 また、英語が聞き取れるようになると、自分が使えるビジネス英語にふさわしい表現も増えていきます。ネイティブの方がビジネスシーンでどのような言い回しを使っているか聞くことで、それを実際に真似してみることもできるようになるでしょう。 もうひとつ日ごろからできることは、1日の終わりにその日の業務内容を英語でまとめてみることです。その際、ただ箇条書きにするのではなく、上司への業務報告メールと仮定してまとめてみてください。すると、日々の業務内容を英語で説明できるようになるだけでなく、ビジネスメールを書く練習にもつながります。その際は、先に述べたように、業務内容が「簡潔にわかりやすく」まとまっているか確認をすることを忘れないようにしましょう。

まとめ

ビジネス英語でははっきりと主張し、できるだけ完結に伝える必要があります。日常的にビジネス英語と触れ合い、勉強することで少しずつ慣れることができるでしょう。自主的な勉強だけでなく、レッスンなどを受けて先生との会話で集中的に勉強することも、ビジネス英語を学ぶ手段のひとつです。
この記事をシェアする: