ALUGO BLOG

発音の違いも怖くない!知っておきたいオーストラリア英語の実態

Pocket

オーストラリアに出張が決まった!取引先がオーストラリア人だった!でも、オーストラリア英語は独特な訛りで聞き取りづらいってよく言われるからなんだか不安(ただでさえ英会話は苦手なのに・・・)。
今回はそんな方によくあるオーストラリア英語に関する疑問や不安を、オーストラリアに滞在経験者の実体験をもとに解消していきます。

たしかに聞きなれた英語とはちがった!

日本からオーストラリアの首都、シドニーに到着した筆者は、とりあえず休憩しようと地元のカフェに入りました。
注文のためカウンターへ行くと、店員のお兄さんが筆者を見て笑顔で一言。
「ハイ!ハワヤ!」「!?」ハワヤ?ha..hawayaって? 黙ってしまった筆者にお兄さんも怪訝な顔。初っ端から出鼻をくじかれてしまいました。

よくある挨拶にも見られるオージーアクセント

実はこれ、“How are you?” と聞いてくれただけ。オーストラリアでは、you を ya の発音で言うことがよくあります。あとで知りますが、“Good, and you?” も “Goodan ya?” 、 “See you” も “See ya” と発音します(“See ya” は他の英語圏の国でも使われるかもしれません)。これがいわゆるオーストラリア英語の特徴です。

そのほかにも、オーストラリア英語は速くて、省略しがちなイメージ。
特に高齢のおじいさんやおばあさんは、もごもごと何を言っているのかまるでわからない! やっぱりオーストラリア人と会話するのって無理かも・・・。
しかし、長く滞在するにつれて、オーストラリア人の英語が聞き取れないことはあっても、彼らは筆者のヘタクソな英語をよく聞き取ってくれることに気づきます。

オーストラリアは英語の苦手な日本人にとってはメリットもある

オーストラリアは様々な民族が入り混じる多民族国家なので、もちろん多様な英語が存在します。
インド英語、フィリピン英語、スペイン英語など、それぞれの英語が少しずつ違う癖を持っています。街中、レストランやデパートなどの身近なところでそれらの英語は普通に飛び交っています。
そのためオーストラリア人は耳がそのような発音に慣れていることもあり、完璧な発音を持っていない「日本英語」でも、聞き取ってもらいやすいというわけです。

また、特にオーストラリアの中でも都会のビジネスパーソンは、相手にわかりやすいはっきりとした英語を話してくれる場合が多いも確かです。そのためあまりネイティブの英会話に自信がない日本人でも、比較的安心して接することができます。

単語はイギリス英語

オーストラリアはイギリスの統治下にあったこともあり、単語の基盤はイギリス英語になります。したがって、アメリカ英語を中心に習った筆者を含め多くの日本人には、少し耳慣れない単語が多くかも知れません。
例えば,“elevator” は “lift” 、“cookie” は “biscuit” といいます。
とはいえ、“elevator” と言ったからといって通じないものではないので、そこまで不安に思うことはありません。

これさえ知っておけば大丈夫!基本のオージー英会話

ここからオーストラリア人特有の癖や言い回しを紹介します。
これさえ知っておけば、まずは筆者のように出鼻をくじかれる心配はないでしょう。

How’s it going?

it を発音せず、「ハウズゴーン」と言います。実は How are you? よりもよく使われる挨拶です。 good, pretty good, great などと返しましょう。

Have a good day!

「ハヴァグダイ」と発音されます。day を「ダイ」と言うのもオーストラリア英語の特徴です。

No worries!

No problem と同じ意味で使います。Thank you, Sorry の返答などに幅広く使えるので便利です。

Good on you!

Good for you と同じで、「よかったね」「がんばったね」という意味で使われます。

Ta!

Thank you の略です。カフェでコーヒーを受け取ったときは、Ta! とお礼を言うのがオージー流です。

どうでしょう?思ったより難しくないですよね。オーストラリアに出張などに行かれる際は、ぜひ思い出してください。

まとめ

オーストラリア英語は聞き取りづらいといっても、我々が普段耳にしている英語と全く別物いうわけではありません。
むしろ、英会話が苦手な日本人にとっては覚えやすかったりしす。ぜひ臆することなく、オーストラリア人との会話も楽しみましょう!
この記事をシェアする:
個別相談会