ALUGO BLOG

MBAは日本国内と海外、どちらで学ぶのが良い?

Pocket

MBAとはMaster of Business Administrationの略で、企業の経営に関する戦略や指導などを学問として修得したという証であり、経営学修士と訳されるものです。その中には財務や会計、マーケティングなどさまざまな内容が含まれています。MBAは、日本、海外問わず、取得過程がある大学で取得できるもので、大学によってその難易度は違っています。

では、MBAを学ぶのは日本国内と海外、どちらで取得するほうが良いのでしょうか。良いのか? それぞれのメリットをご紹介します。

mba1

MBAを取得するメリット

日本国内と海外、どちらで取得するほうが良いかを確認する前に、まずはMBAを取得するメリットを学びましょう。

1つ目のメリットは、MBA取得過程で学ぶ内容は本当に幅広いため、ビジネスに関する重要項目を重点的に学ぶことができ、ビジネスの分野に精通した者となることができることです。企業の経営陣となるための知識や起業家として成功するためのノウハウをしっかりと学ぶことができます。

2つ目のメリットは、MBAを取得することによって、MBAのネットワークを活用することができることです。今や金融界や経済界のトップクラスにはMBA取得者が大勢います。仕事を依頼したり、情報収集したりと、MBAのネットワークを積極的に使うことで、さまざまなビジネスチャンスに巡り合うことができます。

MBAは日本国内と海外どちらで学ぶのが良い?

日本国内で学ぶメリット

日本国内でMBAを学ぶ場合、当然日本でのビジネスに適した感覚というのを磨くことができます。MBA取得を目指すすべての人が海外での成功を求めているわけではないので、日本人として日本で仕事をしていく上では日本のビジネスを学ぶこと、さらに日本国内での人脈を増やすことが重要かもしれません。さらに海外でMBA取得目指して留学するよりも国内で取得するほうが費用は安く済むでしょう。

海外で学ぶメリット

一方、海外でMBA取得をすると、海外の優秀な人材と情報交換ができる、英語力が向上するなどのメリットがあります。また海外でのほうがMBAに対する評価が一般的に高いこともメリットの1つかもしれません。異文化と触れ合いながらビジネスの勉強をすることによって将来の経営者としての才覚を伸ばして行くことも可能でしょう。

MBAは日本国内と海外、どちらで学ぶのが良い?

国内と海外、絶対的にどちらでMBAを取得したほうが良いということはありませんが、費用の面や将来の目標、さらには自分自身の興味などを考慮して決定することが大切です。重要なのはMBAを取得するということだけではなく、経験したことや学んだことを活かしてどうしていくかですので、国内と海外どちらで取得しても構わないのです。

日本国内と海外で違うMBAの取得方法

mba2

日本国内と海外では、取得方法に違いがあります。

日本国内での取得方法

日本国内でMBAを取得する場合、国内フルタイムMBAと呼ばれる方法と、国内パートタイムMBAと呼ばれる方法、そして通信教育によるMBA取得があります。

パートタイムMBAは国内ですでに社会人として働いている人を対象にしたもので、平日の夜や週末に授業が開かれます。かなり忙しいスケジュールになりますが、楽しみながら学べるように工夫されています。さらに国内でも日本語だけでなく英語でも受講できるMBAの取得プログラムも増えてきたので、国内で働きながら英語のスキルも目指しMBA取得を目指すということが可能になりました。

海外での取得方法

海外でMBA取得を目指す場合は当然留学という方法になるわけですが、費用もかなりかかりますし、ハードルも高いものとなります。基本的に日本人が海外でMBA取得を目指す場合海外でのフルタイムMBAとなります。履修期間はおよそ二年ほどで費用は1,000万~2,000万ほどかかるとも言われていますが、海外での活躍の場が広がります。

MBAの在り方や価値に関しては様々な意見がありますが、実際にMBA取得者で経営者として成功を収め、世界の経済の第一線で活躍している人は多いですし、こうしている今もMBA取得を目指して奮闘している人が大勢います。

国内と海外それぞれの事情によって挑戦できるものは違ってくるでしょうが、どちらも将来性のある勉強ですので、自分の夢の実現のために挑戦する価値はあるのではないでしょうか。海外でMBAを取得したい場合には当然英語を話せるようになる必要がありますので、事前に英語力を上げておきたいという際は、ぜひALUGOにご相談ください。

この記事をシェアする:
個別相談会