ALUGO BLOG

取引先とのコミュニケーションに使える!覚えておくと便利な職場で使う英語表現

Pocket

値段を尋ねたいときや問題を指摘したいときなど。ブロークンイングリッシュだけではなく、洗練された大人の言い回しで対応することで、グローバルビジネスパーソンとの評価が一気にあがります。今回は継続的に発生する取引先とのコミュニケーションシーンを想定した覚えておくと便利な表現を5つご紹介させていただきます。

May I ask you how much this is? おいくらかお伺いしてもいいですか?

切り出しにくい話はこのフレーズで

構文は[May I ask you how much 主語+動詞?] 。この構文をとっさに思い出せない場合は、〔May I ask you+ how much is this?〕のように2文に分けて言っても構いません。これでも「お尋ねしてもいいですか?おいくらでしょうか?」のように丁寧なニュアンスになります。 
May I ask you how much that is? (今仰ったものがおいくらかお伺いしてもよろしいですか?)
May I ask you how much is in your budget? (貴社のご予算をお伺いしてもよろしいですか?)
May I ask… How much is tax? (お尋ねしてもよろしいでしょうか?税金はおいくらですか?)

あっさり[How much?]はなるべく避けましょう

日本語の会話でも大人同士の会話や良く知らない人に向かって「いくら?」と不躾に聞くことはありません。それは英語でも同じ。[How much?]だけだと不躾な印象になってしまいます。[How much is this?]もストレートすぎます。「おいくらですか」に当たる〔May I ask you how much this is?〕がベスト。価格だけではなく、相手の出身地や年齢、家族構成などをどうしても聞かなければいけないときは、May I ask… から文をはじめましょう。簡単に会話をレベルアップできるパワーフレーズです。

I’ll do my best. 頑張ってみます。

出来るかどうかわからないときに使える便利なフレーズ

I’ll do my best.(頑張ります)はとても便利な表現です。「100%できます」と言えないときや「それは出来かねます」と、言い切りたくないときにぴったり。社内で何か頼まれたときやお客様相手にも使える表現です。 
I can’t promise,but I’ll do my best. (お約束はできませんが、頑張ってみます)
I’ll do it right away. (いますぐやります)

I’ll try.よりもI’ll do my best.

何か頼まれたときに、「頑張ります」のつもりでI’ll tryと言っても、「善処します」というニュアンスになり、自分の熱意を伝えることはできません。ただし、実際に本当にできない場合などに使うのは避けましょう。そんなときは「I’m sorry,but we can’t」とはっきり伝えましょう。 また、I’llの発音は「ア」。それに続く動詞もくっつけて発音しましょう。I’ll do = 「アドゥ」、I’ll get = 「アゲッ」。

There’s a problem with… …に問題があるようです。

ビジネス上の問題解決に応用ナンバーワンのフレーズ!

問題解決にはまずこれ。素早くどこに問題があるのかをこのフレーズで言うようにしましょう。〔There’s a problem with…〕を言えば、意外と早く解決の糸口が見つかるかもしれません。この表現は「間違っている」「…がおかしいみたい」などにも広く使うことができます。 
There’s a problem with the order. (注文が間違っています)
There’s a problem with the bill. (請求書が間違っています)
There’s a problem with the delivery schedule. (配達日がだめになったのですが)

問題点の指摘は「ソフト」に

英語はストレートに物を言う言語だと思われがちですが、ソフトに言ったほうがいい時も多々あります。そこで活躍するのがこの表現。主語が「You」ではなく、「There」であることに注目しましょう。つまり、責任の所在を追求するのではなく、問題について客観的に述べているニュアンスです。

I’m sorry to bother you. お忙しいところ申し訳ありませんが

〔I’m sorry to+動詞〕で覚えておきたい表現

〔I’m sorry to bother you.〕は汎用性の高い表現です。話し中、電話中、会議中、食事中など、どのようなことでも、何かをしている最中の場面で使えます。つまり「お忙しいところ申し訳ありませんが」のようなニュアンスです。直訳すれば「煩わせて(お邪魔して)すみませんが」となります。〔I’m sorry to+動詞〕についてはビジネスで頻出のフレーズなので下記3つを必ず覚えておくようにしましょう。
I’m sorry to bother you, but~ (お忙しいところ申し訳ありませんが~)
I’m sorry to hear that. (それは残念です)
I’m sorry to keep you waiting. (お待たせしてすみません)

発音は?

〔I’m sorry to bother you.〕の発音は「アムリタザユ」。これは相手に何かを知らせるときの言葉なので、その内容に声のトーンや表情を合わせて言うようにしましょう。

Don’t worry about it. 気にしなくていいですよ

相手にお詫びをされたときはこのフレーズで。

〔Don’t worry about it.〕は、I’m sorry about that.と言われた相手に「本当に大丈夫ですよ」と丁寧に伝えたいときの表現です。明るく言うことがポイントです。That’s OK.も同じ状況で使えますが、〔Don’t worry about it.〕のほうがより丁寧に「気にしなくていい」というニュアンスが伝わります。 
Don’t worry about me. (私のことは気にしなくて大丈夫ですよ)
Don’t worry about this one. (こちらについては気にしなくて大丈夫ですよ)
Don’t worry about the yen rate. (円レートは気にしなくて大丈夫ですよ)

「ドンウォーリー」だけで使うのは避けましょう

「気にしないで」を言うときDon’t worryでとめないようにしましょう。場合によってはきつい一言になることも。直訳すると「心配すんなよ」というニュアンス。でも最後にabout itをつけるだけでずっとソフトな表現になります。相手にI’m sorry…とお詫びされた場合は反射的に「OK」と言ってしまいがちですが、大人のレスポンスは〔Don’t worry about it〕。フルフレーズで自然に返しましょう。

まとめ

以上、取引先とのコミュニケーションに使える、覚えておくと便利な職場で使う英語表現をご紹介いたしました。 ALUGOでは、ビジネス英会話レッスンを数多く提供してきたエキスパートコーチ陣が、より実践的な対話の中で「ネイティブならどのような表現をするか」、「他にはどのような言い回しがあるか」を問題ごとに丁寧に説明してくれます。 出張や海外転勤などで急いで英語が「しゃべれる」ようになりたい!そんな方は是非一度個別説明会に足を運んでみてはいかがでしょうか?無料の個別相談会のご予約はこちらから。
この記事をシェアする:
個別相談会